学校・教育 オリンピック 美術・建築 日本
長く愛される「箱モノ」のつくりかた〜東京五輪、本当に大丈夫ですか?
環境建築家・仙田満の発想に学べ
水鳥が運河から飛び立つイメージの辰巳国際水泳場。左を走るJR京葉線の乗客からもプールが見え、好奇心を掻き立てる仕掛けがされている〔photo〕藤塚光政(以下付記ないものはすべて)

1,647億円もの巨額総工費が掛けられ東京・有楽町の都庁跡地に完成した公的総合文化施設「東京国際フォーラム」を筆頭に、1980年代から90年代のバブル期には、国家機関の施設のみならず、全国の自治体で競うかのように「箱モノ」と呼ばれる多くの公共施設が建設された。

そして、その箱モノと呼ばれた公共施設は、バブル崩壊とともに利用度が振るわなくなり、経済的自立が適わなかったことから閉館・建物解体の憂き目に遭った施設も少なくはない。

酷い例では竣工から30年も経たないうちに巨額の修繕費用が掛かることが発覚、その修繕費を厚労省の予算で賄えず、惜しまれて閉館してしまった東京・青山の児童館「こどもの城」のような例もある。年間約80万人もの来場者があっただけに本当に残念な話だ。

もう一度行ってみよう

環境建築家・仙田満氏は、それらの事情を踏まえ近著『人が集まる建築』でこう断言する。

仮にどれほど多くのコストを掛けて豪華な仕様の施設を作ったとしても、建物の耐久性やその後に掛かる維持費、その施設の周りの環境や歴史に配慮し、利用者の目線で極力飽きのこない設計思想がなければ、たとえ短期的に集客は出来たとしても、長期にわたって人が集まる場所には決してなりえない、と。

さらに仙田氏はこう付け加える。

「面白そうだ⇒実際に行ってみよう⇒やってみた⇒満足した⇒感動した⇒もう一度行ってみよう」、このような利用者に何度も足を運んでもらう好循環なサイクルが生まれる建築デザインを最初から意図して作り上げなければ、長く愛される場所には絶対になることはない、と。

例えば今年4月にリオデジャネイロ五輪競技大会代表選手選考会を行うなど、世界レベルの大会を多く開催する仙田氏が設計を担当した「東京辰巳国際水泳場」(開場1993年。2020年の東京五輪では水球会場となる)を例にとると、建築予定地が砂町運河沿いという環境を考慮したことで、水鳥が水辺から飛び立つ姿をイメージした斬新な建物のデザインとした。

しかし、その建設予定地が国道から離れた人通りの少ない、さらに見渡しの悪い奥まった場所にあったため、その美しい巨大な水鳥を模した建物の姿を公に晒すことが難しかった。