ライフ 国際・外交 アメリカ
日本人の「英語力低下」がよくいわれますが、それは国語力が下がっている結果だと思います
島地勝彦×マーク・ピーターセン【第2回】

撮影:立木義浩

第1回【だって彼は、精神年齢11歳くらいのバカですから…

シマジ マークさんは日本に住んで何年になりますか?

マーク 34歳のときに日本にやってきたので、この秋でもう36年目になります。

シマジ 日本にいらした当初から、こんなに日本語がお上手だったんですか?

マーク そのころのほうが、もうちょっと真っ当な日本語だったかもしれません(笑)。

立木 マーク先生は余裕の日本語ですね。素晴らしいユーモアですよ。

マーク 立木先生、ありがとうございます。じつは、アメリカで勉強したのは主に読むほうだけでした。

シマジ 日本人の英語と同じですね。日本人の英語もはじめは読むことが主ですから。

マーク そうですね。わたしもアメリカにいたころはアメリカ人の先生の授業を受けて、日本語を読むということをしていました。

シマジ それはワシントン大学でのはなしですか?

マーク はい。会話の練習はなかったんです。

シマジ では、日本語の会話は日本にこられてから?

マーク ちょうど博士課程に入ったころ、そのとき31歳だったんですが、9ヵ月ほどのプログラムが東京であって、はじめて日本人の先生の授業を受けました。そこではじめて日本語会話を集中的に勉強出来たんです。

シマジ またなぜ難しい日本語に興味を持たれたんですか?

マーク そのころは日本語の難しさがよくわからなかったんです。もともと学部生のころは英文学を専攻していました。そこで「世界の文学」という科目があって、いろいろな国の文学を英訳で読んでいたんです。そのなかに日本の小説がいくつかありました。