エンタメ ブルーバックス
アインシュタインと論争を繰り広げた、現代物理学の偉大なる「巨人」の話
『マンガ 現代物理学を築いた巨人 ニールス・ボーアの量子論』
〔PHOTO〕gettyimages


天才たちとの熱き交流

ニールス・ボーア。20世紀前半、量子力学の創始・発展・確立に指導的な役割を果たしたデンマークの理論物理学者だ。口下手で文章も苦手だった彼がいかに若手研究者たちを束ね量子力学を築くことができたのか?

訳者あとがき

ニールス・ボーアは20世紀前半、量子力学の創始・発展・確立に指導的な役割を果たしたデンマークの理論物理学者である。

アインシュタインは6歳年上、ハイゼンベルクは16歳年下になる。有名な科学者の多くがそうであるように、ボーアも若くして革新的な仕事をなしとげた。

ただ、ボーアが他の科学者と違っていたところは、量子力学という生まれたばかりの分野をきりひらくリーダーとして、若いうちから研究所を設立する機会に恵まれたことである。

ボーアの研究所には、ハイゼンベルクを始め、まさに「綺羅星のごとく」という形容がぴったりの数々の才能が集まった。ボーアの仕事上での革新性、優れた直感の方向性の正しさは、彼個人の仕事にだけでなく、共同で仕事をした多くの若手研究者の成果となってあらわれた。

研究所は自由な雰囲気に満ちれ、若手に兄貴分と慕われた彼については、数々のおもしろい逸話が残されている。

本書にもその多くが取り入れられており、人間味あふれる個性的なボーアがくっきりと忘れがたい印象を残している。