格闘技
長谷川穂積、最後の挑戦……"奇跡"は起こるか!?
三度、緑のベルトを腰に巻くことはできるか

もうすぐリオデジャネイロ五輪が始まるが、開催期間は、わずかに17日。アッという間に宴は終わる。その後に私は胸を熱くしてリング上を見守ることになる。

9月16日、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)でのダブル世界戦--。

メインカードは、WBC世界バンタム級タイトルマッチ、王者・山中慎介(帝拳)とアンセルモ・モレノ(パナマ)の再戦だ。そして、この試合の前に“レジェンド”35歳の長谷川穂積(真正)が、ラストチャレンジに挑むことになる。3階級制覇を懸けて、WBC世界スーパーバンタム級王者ウーゴ・ルイス(メキシコ)に挑むのだ。

2000年代後半、長谷川は日本のリングの主役であり続けた。WBC世界バンタム級王座に5年もの長きにわたって在位し、その間に強者を相手に10度の防衛を果たしたのだ。

2010年4月の事実上の王座統一戦では、WBO世界同級王者フェルナンド・モンティエル(メキシコ)に4ラウンドKOで敗れベルトを失うも、その7ヵ月後には、ファン・カルロス・ブルゴス(メキシコ)に勝利し、WBC世界フェザー級のベルトを獲得。2階級制覇を果たしている。
 
長谷川は、卓越したテクニックを有した勇気あるボクサーだ。相手のパンチを瞬時で見切るディフェンスセンスに加えて、カウンターパンチを繰り出すタイミングも絶妙だった。被弾を恐れずに踏み込んでいく姿は、見ていてしびれた。年間最高試合をつくり出すこと3度、年度別MVP(最優秀選手賞)に4度選出されているのは当然だろう。

だが2010年代半ばを過ぎた現在、彼の肉体は衰え、動きにも全盛期のような冴えはない。

昨年12月11日、神戸市体育館でのカルロス・ルイス(メキシコ=WBO世界スーパーフェザー級5位)とのノンタイトル戦。判定で勝ちはしたが、3ラウンドと5ラウンドにダウンを喫した。明らかに相手のパンチへの反応が遅れていた。パンチが見えてはいても瞬時にカラダが動かなくなっているのだ。