金融・投資・マーケット 企業・経営 経済・財政
LINE上場を目前に、静けさをみせるIPO市場~2016年上半期のマーケットを総括する
〔PHOTO〕iStock

今年も半分が過ぎました。今回は2016年上半期のIPOマーケットの総括をしてみたいと思います。

上場社数は平年並みだが

【日経平均…上半期新規上場社数は40社、市場はマザーズが圧倒的。1年半ぶりに名証2部銘柄も】

過去10年のIPO社数と、その年の大納会の日経平均終値をグラフにしました。2016年は6月30日終値現在です。

2007年の世界的なサブプライム問題表面化より、日経平均とIPO社数は下げに転じ、2008年のリーマンショックを機に日経平均が大きく下がると共に、 2009年にはIPO社数は19社まで落ち込みました。それ以降、日経平均は東日本大震災の影響を受けるも、IPO社数は6年連続で増加しており、昨年は92社が上場しました。

今年は上半期で既に40社が上場しており、昨年の43社と同水準ですが、その規模、バリュエーション、ファイナンス総額はかなり変化してきています。

このグラフを見ると、IPOはやはりマーケット環境に大きく影響を受けると言ってよいでしょう。但し日経平均は今年は2007年と同水準ではありますが、IPO社数は150社を超える水準にはほど遠い状況です。

【上場社数…主幹事トップは大和、みずほが横並び、野村は3位】

上半期の市場別のIPO社数は、マザーズが25社と全体の3分2近くとなっており、また昨年も31社と、近年マザーズ上場の傾向が強くなっています。また今年は1年半ぶりに名証2部にIPOがありました。 丸八ホールディングスという発行体ですが、丸八真綿という名前の布団寝具が有名で、静岡県浜松市が発祥となります。