医療・健康・食 週刊現代
1回で寿命が6年縮む!? 「全身麻酔」が身体に残すダメージをご存知ですか?
〔photo〕iStock

生命保険業界の常識!?

「麻酔が原因で手術中に亡くなる患者は、10万人に1人。一見少ないように思えますが、全国で行われている全身麻酔手術は年間約250万件ですから、単純計算で、一年に20人以上の犠牲が出ていることになります。

麻酔が原因で手術後に亡くなったり、体の麻痺などの後遺症に悩まされる確率となると、当然、もっと高くなる」(都内の大学病院に勤める麻酔科医)

「全身麻酔を1回受けると、寿命が6年縮む」

——ネット上では、「生命保険業界の常識」という枕詞付きで、こんな噂がまことしやかに流れている。実際に、重篤な事故の例も数多い。

たとえば'11年には、宮崎県で80歳の女性が脊椎の手術を受けた後、植物状態になった。'10年にも、兵庫県の旧県立淡路病院で、30代男性が全身麻酔による低酸素脳症で死亡している。

都内に住む50代の男性は、9年前に父を亡くした。いまだに、「あの時全身麻酔の手術を受けさせなければ、死ななかったとは言わないまでも、もっと楽に最期を迎えられたのではないか」と後悔しているという。

「父は当時74歳で、病院で検査を受けたときに大動脈瘤が見つかり、すぐに手術することになりました。大手術だったので、もちろん全身麻酔です。

それで、手術自体は成功したのですが、麻酔から目覚めると『頭が痛い』としきりに言うようになったんです。退院して自宅に戻っても、一日中頭痛を訴えてばかりで、やがて寝たきりになってしまいました」(前出の男性)

それまでは、元気に立ち働いていた父が、自力で立ち上がることすらできなくなってしまった。