格闘技
世界ボクシング「最高試合」はこれだ!上半期MVPはロマチェンコ、ジョシュア、それともパッキャオ?
(6月3日のモハメド・アリ逝去後、多くの会場で追悼セレモニーが行われている Photo By Esther Lin/Tom Casino/SHOWTIME)

早いもので2016年も約半年が経過した。ボクシング界ではリング外でモハメド・アリ逝去という歴史的事件があったが、リング上での戦いは必ずしも活況を呈しているとは言えない。大半の著名選手たちは顔見せ的なファイトを行うにとどまり、今年を象徴するようなビッグファイトは実現していない。

そんな中で、ここまで最も輝いたファイターは誰だったのか――。今回は2016年上半期のMVP、最高ファイト、最高KOといった個人賞を独自に選定し、同時に下半期の行方も占っていきたい。

トップランク社の目玉・ロマチェンコ

【上半期MVP】
ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ、WBO世界スーパーフェザー級王者)
 
ほとんどのスター選手がまだ1試合しかこなしていないが、中でも最大級の印象を残したのがロマチェンコである。

6月11日、ニューヨークで行われたWBO世界スーパーフェザー級タイトル戦でベテランのローマン・マルチネス(プエルトリコ)を5ラウンドに完全KO。これで7戦目にしてフェザー級に続く2つ目のタイトルを手にし、井上尚弥を上回り、世界最速で2階級制覇を達成した選手となった。
 
記録面以上に、試合内容の素晴らしさでも各方面から絶賛された。もともと定評あるスキルに加え、スーパーフェザー級に上げてよりパワフルになった感もある。左アッパーから右フックの美しいコンビネーションを駆使し、しぶとさが売りのマルチネスが崩れ落ちるシーンは戦慄的ですらあった。

(ボブ・アラム<左端>の大きな期待を浴びるロマチェンコ<左から2番目>。プロの水に慣れ、快進撃はしばらく続きそう)

「あんな凄いパフォーマンスは見たことがない」
百戦錬磨のプロモーター、ボブ・アラムもそう感嘆し、今後はロマチェンコをトップランク社の新たな目玉として起用していきたいという。
 
この28歳のウクライナ人こそが、すでに「パウンド・フォー・パウンド(現役最強)」と語る関係者も出てきている。今後、まずは2014年3月に苦杯を喫したオルランド・サリド(メキシコ)とのリマッチ実現が濃厚。それ以降もいよいよ本格化したスーパーボクサーの行方から目が離せない。

石井慧と村田諒太、五輪金メダリストの「その後」を考える

スポーツコミュニケーションズ,近藤隆夫