医療・健康・食 週刊現代
医者に言われても断ったほうがいい手術とその「後遺症」
【永久保存版】一覧リスト
〔PHOTO〕gettyimages

手術後別の場所が痛み出した

約20年ものあいだリウマチに苦しんできた町田隆介さん(73歳・仮名)は、こう語る。

「元々私の家系はリウマチ持ちが多く、昔から風邪などをひいて体調が悪くなると、手の指や肘がこわばって痛くなっていました。それでもステロイドなどの薬で症状を抑えていたのですが、時間の経過とともに足の指関節が変形してしまい『外反母趾』のような状態になってしまったのです。

あまりに痛みがひどいので医師に相談すると、手術をすすめられました。関節固定術という手術で、足の骨を削って針金のようなもので縛るというもの。手術後は見た目もよくなったし、こりゃいいやと思っていたんです」

手術は成功したはずだった……ところが、思わぬ「後遺症」が町田さんを襲った。

「親指の痛みは少なくなったのですが、次は小指が痛くなってきたんです。以前より痛みが強くなり、今では杖がないと歩くこともままなりません。『手術をすれば治る』と、期待していたものだから、がっくりきましたね。

その後、手のリウマチもひどくなったので、その医者から、また手術をすすめられたんだけど、断りました。そりゃ恐怖心はありますよ。

だから今でも重たいものは持てないし、指先で何かをひっかけるようなこともできない。手術をしてからよけいに悪化してしまった。本当に手術なんかしなければよかったよ」

トイレに行く、ベッドから起き上がるだけで、電気が走ったような激痛を感じる。関節の痛みは、日常生活まで奪う深い悩みだ。特に年齢を重ねると、ちょっとした動きすら苦痛になってくる。

その痛みからなんとか逃れるため、医者からすすめられるままに手術をしたものの、「今度は別の場所が痛み出す」など後遺症に悩まされる人は少なくない。