サッカー
鹿島がファーストステージを獲った要因
〜ふたたび「黄金期」到来か

〔photo〕gettyimages

2016年の明治安田生命J1リーグのファーストステージは鹿島アントラーズが制しました。最終節直前で首位に立ち、最終節でもアビスパ福岡を相手にきっちり勝利を収めて優勝を決めました。2009年以来のリーグ制覇に向けたチャンピオンシップへの出場権獲得です。

地元の人たちも賑わっていて、僕も非常にうれしいです。ファーストステージでは“ここぞ”という場面で結果を出した素晴らしいチームでした。黄金期到来の予感すらします。その鹿島がファーストステージを獲れた要因に触れていきましょう。

切磋琢磨がもたらした鉄壁の守備

今季のファーストステージの鹿島は非常に競争が激しいチームで、特にMF永木亮太の加入は大きいです。先発での出場はさほど多くはありませんが、彼のように中盤でしっかりと、“汗をかける”選手の途中投入はDF陣としては助かります。

なぜなら、全体的に運動量が落ちてきて、チームとしてプレスがかけられなくなると、どうしても相手にスペースと時間を与えて、失点のリスクが増えます。そこを永木が労を惜しまない働きで中盤にできたスペースを埋めてくれていましたね。
 
また、永木の加入でスタメンのMF柴崎岳、MF小笠原満男も大きな刺激を受けて高いレベルのパフォーマンスを見せてくれました。永木も日本代表の候補合宿に招集されるほどの実力者ですから、スタメンの2人も、うかうかはできないはずです。

永木の加入で、チームの幅が広がりました。スタメンで使ってよし、途中からダブルボランチのどちらかと替えてもよし、永木をボランチに入れて柴崎を2列目にあげてもいい。苦しい展開の中、逃げ切りたい時は永木、小笠原、柴崎のスリーボランチにする選択肢もあります。

昔の本田泰人、もしくは前にも書きましたが石井忠正監督の現役時代に永木のプレーは似ています。運動量があって、球際の強いボランチがいるとチームが安定します。

出場機会は少なかったですが、U-23日本代表のGK櫛引政敏の加入も、鹿島の守護神・曽ヶ端準に危機感をもたらしました。正GKを競う相手ができた影響もあり、今季の曽ヶ端は高いレベルのパフォーマンスを披露しています。

センターバックの若い2人、植田直通と昌子源も頑張りました。植田はリオデジャネイロ五輪最終予選で自信を掴みましたが、一方の昌子にはDFリーダーとしての自覚が芽生えて、プレーも見違えるほど良くなりました。植田に前で潰させて、昌子が声をかけながらフォローに回る。この形がうまくハマりました。17試合で10失点しかしてないことに自信をもって、彼らには今後も伸びて欲しいものです。