医療・健康・食 週刊現代
要注意!知っておいて損はない病気別「薬の副作用」~糖尿病、高血圧、高コレステロール、脳梗塞…一覧表でチェック
〔PHOTO〕gettyimages


ひと目でわかる病気別「薬の副作用」一覧
これでもあなたは飲みますか

糖尿病:アクトスは膀胱がん、ジャヌビアは肝臓にダメージほか

代表的な糖尿病薬にチアゾリジン系(代表的な薬はアクトス、ピオグリタゾン)があるが、この薬は心不全を発症・悪化させる可能性があると指摘されており、注意が必要だ。

さらには膀胱がんを発症させるというデータもあり、フランスでは回収騒ぎも起きた。

現在、糖尿病薬でもっとも売上高が高いのがジャヌビアやエクアなどのDPP-4阻害薬と呼ばれるタイプの薬だ。

だが、この薬は飲み続けると肝臓や腎臓に負担をかけ、障害を引き起こすこともある。

「糖尿病の薬は色々なタイプがありますが、共通していることはどれも非常によく『効く』こと。

これは逆にいえば血糖値を下げ過ぎて、低血糖になる恐れがあるということです。低血糖になれば脳の機能に異常が出て、めまいや動悸などが現れ、ひどい場合は命にかかわることもあるのです」(新潟大学名誉教授・岡田正彦氏)