野球
4256本目の内野安打にイチローの真骨頂を見た〜天才というよりももはや"変態"だ(笑)
〔photo〕gettyimages

イチローの真骨頂

マーリンズで活躍するイチロー選手が、6月15日(日本時間16日)の対パドレス戦で日米通算4257安打を放ちました。これはピート・ローズが保持していたメジャー通算4256安打の最多安打記録を日米通算ではありますが上回るものです。

42歳になっても衰えを感じさせないイチロー選手。この偉業達成は、彼のあくなき向上心と日々の積み重ねの賜物でしょう。

ローズのヒット数とイチロー選手のヒット数とでは、日米では試合数が違いますから、単純には比較はできないでしょう。「早い時期にイチローがアメリカに来ていたら……」と言う人もいますが、彼が積み重ねてきた記録に変わりはありません。メジャーの記録としては認められないとしても、どの世界でもヒットを積み重ねてきたことは認めてもらってもいいんじゃないでしょうか。

連日、メディアでは“記録更新”のニュースが大きく報じられていましたが、僕は4257安打目のツーベースヒットよりも、ローズとタイ記録に並んだ内野安打が印象に残っています。

1打席目。イチロー選手が放った打球は一塁線上に転がるボテボテのゴロでした。捕手のデレク・ノリスが捕球してすぐに一塁へ送球しましたが、イチロー選手はすでに一塁に到達していてセーフ。

普通の選手であれば、あの打球は諦めてキャッチャーゴロですよ。しかし、それをセーフにするところがイチロー選手の凄いところです。脚力が光った4256本目のヒットはイチロー選手の真骨頂とも言えます。

普通はイチロー選手くらいの年齢になれば“40歳を過ぎているから無理はしない”と、リスクを冒すようなプレーは嫌がりますし、綺麗なヒットを打ちたがります。

しかし、イチロー選手は形にとらわれず、どんな場合でもセーフに結びつけようとしている。このプレースタイルが42歳になった今でもメジャーの第一線で活躍できる理由です­­。

イチローの“日米通算安打記録”をどう捉えるべきか

スポーツコミュニケーションズ,杉浦大介