政治政策 選挙 政局
参院選、自民党を取り巻く「不穏」な空気〜調子に乗る与党に「お灸を据えたい」層が確実にいる
〔photo〕gettyimages

 与党圧勝は微妙な雲行き

いよいよ参院選が始まった。

情勢予想には早過ぎるかもしれないが、各種世論調査を見る限り、安倍晋三政権与党の圧勝は微妙な雲行きだ。どの調査でも自民党の支持率が下がって、民進党など野党が上向いているのだ。

なぜ、こうなったのか。

まず朝日新聞はどうか。「参院選比例区でどの党に投票したいか」という質問に対して6月4、5日調査では自民党という回答が39%だったのに、最新の18、19日調査では38%に下がった。民進党は逆に12%から15%に上向いている。

この傾向は読売新聞も同じである。同じ質問に対して前回3〜5日調査は自民党が42%だったのに、今回17〜19日では35%に急落した。民進党はどうかといえば、前回の11%から12%へとわずかながら上昇している。

投票先ではなく政党支持率で見ると、毎日新聞は前回の5月28、29日調査で自民党が33%だったが、今回18、19日調査では31%にダウンした。民進党は7%から10%に伸びている。産経新聞・FNNでも同じ調査日で自民党は41.1%から37.7%に落ちたのに、逆に民進党は7.9%から8.3%に上昇した。

最後に内閣支持率についても見ておこう。

安倍内閣の支持率は朝日が45%で変わらなかったが、読売は53%から49%へ、毎日は49%から42%にそれぞれ下落している。逆に不支持率はどうかというと、朝日が34%から36%に、読売は35%から38%に、毎日も33%から39%へと増えている。

これらの結果が示す傾向は明瞭である。安倍政権と自民党の人気が下がって、民進党の人気が上昇しているのだ。これをどう受け止めるか。