社会保障・雇用・労働 +α文庫
「テクハラ」「カラハラ」「ブラハラ」「オワハラ」…新種のハラスメントが大量発生中!あなたはいくつご存じですか?
【PHOTO】iStock

やれセクハラだ、パワハラだ、挙句の果てにはスメハラだ…いったい日本社会はいつからこんなに息苦しくなってしまったのか。

「なんでもかんでも『ハラスメントと騒ぐ、その発言こそハラスメントです!』というのは、特定社会保険労務士で、ハラスメント問題に詳しい野崎大輔氏だ。このたび、『「ハラ・ハラ社員」が会社を潰す』を上梓した野崎氏が、どこまでがハラスメントでどこまでがセーフか、その基準を明らかにする。

…ところで、「カラ・ハラ」「テク・ハラ」ってご存じでしたか?(答えは2ページ目に)

次のうち、どれがパワハラですか?

すっかり世の中に定着した感がある「ハラスメント」という言葉。しかし、ハラスメントの定義とは一体何でしょうか。たとえば、近年よく耳にするパワハラです。

試しに次に五つの事例を挙げてみました。一体どれがパワハラに該当するのか、みなさんはわかりますか。ご自身の身の回りと照らし合わせながら考えてみてください。

1 会議中に居眠りをしている新入社員に、「おまえ、寝ているならこの部屋から出ていけ」と厳しく注意した。

2 部下と取引先に向かう途中で、部下が打ち合わせに使う資料を間違えて持ってきてしまったことがわかり、「最近、たるんでるんじゃないか? 今日の打ち合わせはどうするんだ!」と叱責した。

3 社内で業務時間中に同僚と長時間、世間話をしている部下に、「お喋りするなら喫茶店に行ってやれ」と注意した。

4 何度注意しても同じミスをするので「何回注意してると思っているんだ。いい加減にしろ」と叱責した。

5 職場で愚痴や文句ばかり言っている部下に、「周りに悪影響を及ぼすことばかり言うな。勤務時間中は業務に専念しろ」と注意したら、言い返されて激しい言い合いになった。

中小企業から労務関係の相談を受けたり、講習やセミナーなどを行ったりするとき、経営者や管理職の方々に「この中のどれがパワハラに該当すると思いますか」とお聞きすることがあります。

「3番目じゃないか」「いや、2番かな」とつぶやく方たちに、「では、なぜそう思いますか」と尋ねると、「言葉が強いんじゃないか」「命令口調がよくないのかな」などと、頭を悩ませながら、皆さん優しく謙虚(?)に答えてくれます。

しかし、答えを先に言ってしまいますと、実はこれ、全部セーフなのです。どれもパワハラには該当しないと考えて問題ないでしょう。