医療・健康・食 週刊現代
【最後まで健康に生きるために】がんの「8割」は切らないほうがいい~胃がん、食道がん、大腸がん、肺がんとの戦い方
安易な手術が寿命を縮める
〔PHOTO〕gettyimages (以下同)

医者の言いなりになって苦しみながら少しだけ長生きする人生と、最後まで健康に生きる人生どっちを選びますか? 決めるのはあなた自身です。

医者はいつでも切りたがる

「兄は昨年84歳で亡くなりました。胃がんでした。2年前に胃の調子が悪いからといって検査をしたらかなり進行しているとのことで、医者からは全摘しましょうと勧められました。このまま放置しておけば、症状が悪化し、腹水がたまり、死を待つしかないと。

年齢が年齢だし、体力的なことが心配だったのですが、医者は『今は90代の患者さんだって全摘しますよ』と言う。その言葉を信じて、手術に踏み切ることにしたんです」

こう語るのは都内在住の柏倉幹雄氏(75歳・仮名)。医師の勧めに従って、兄を手術させたことを今では後悔しているという。

「開腹してみると、他の部位にもがんが広がっていることがわかった。医者には『あとは抗がん剤で抑えるしかない。これは開けてみないとわからないことですから、仕方ないですね』と言われた。

手術後の兄は、生気を奪われるように衰弱し、4ヵ月で亡くなりました。今でも入院前日に一緒にステーキを食べたことを思い出します。兄が最後に食べておきたいと言ったのです。

年齢のことを考えれば、兄の死のあきらめはつく。でも、切らないで好きなものを食べて死ぬという選択肢もあったんじゃないか。安易に医者の言葉に従った自分を責める気持ちは消えません」