メディア・マスコミ
男子バレー、若手をスターに仕立てて潰すメディアの「罪」
騒ぐのか、応援するのか
〔photo〕gettyimages

ちょっとやりすぎでは?

5月から6月上旬、バレーボールはオリンピックをかけた戦いに盛り上がった。女子は見事にリオデジャネイロ五輪への切符を獲得。しかし男子は予想以上に苦戦し、五輪出場権を得ることはできなかった。

オリンピック出場がかかっていたことで、大会自体は非常に盛り上がった。背景にはTV局を中心としたメディアの仕掛けがあったことは言うまでもない。

そのおかげで大会は注目され、会場には多くの人が詰めかけ、多くのメディアが報道した。確かにそれは大事なことなのだが、果たして選手やチームからすると本当にそれでよかったのか……。傍で見ながらどうも引っかかっていた。

当たり前だが、選手は大勢の人に応援してもらうことで力が発揮できるし、注目されることがエネルギーになる。でもそれは、反対に言うならば大きなプレッシャーになるという意味でもある。つまり僕たちは選手たちに余計なプレッシャーをかけたのではないかと。

海外メディアに比べると、日本のメディアは熱するのも早いが、見切るのも早い。また仕込むときの気合も半端ではない。

今回、大会前からTVやその他メディアでの仕掛けやPR、会場周辺の盛り上げなども力の入ったものであった。私の事務所が千駄ヶ谷にあるので、そのPR攻撃を毎日のように見ていた。駅から始まり、会場前は凄いことになっていた。
 
そのために感じたのかもしれないが、「ちょっとやりすぎじゃないのか?」と。大会が始まると、勝てない試合が続いたのは、単なる実力差だけではないと思うのは僕だけだろうか?

もちろん、「そんなプレッシャーに勝てないような奴は、本番でも勝てない」と言われればもっともだ。でもそっとしておいたら勝てたとするならば、「その方がいいんじゃないの」とも思える。