野球
イチローの“日米通算安打記録”をどう捉えるべきか
今でも各球場で大歓声を浴びる千両役者が新たなマイルストーンに到達した〔Photo〕Gemini Keez

6月15日のサンディエゴ・パドレス戦で2安打を放ち、フロリダ・マーリンズのイチローが日米通算4257安打に到達した。

これで“チャーリーハッスル”と呼ばれたピート・ローズを抜き去り、通算安打数で世界1位に浮上。アメリカ国内でもこの偉業は大きなスペースを割いて伝えられている。

その一方で、記録達成の数日前、当のローズがUSA TODAY紙の取材に対し、こんなコメントを残したことが話題になった。

「日本では俺をヒットクイーンにしようとしている。次は高校時代に放った安打でもカウントし始めるのではないか」

引退後は野球賭博に関わってメジャーリーグから永久追放されるなど、ローズは物議を醸す存在であり続けてきた。今回の件に関しても、あまりにも大人気ない発言の感は否めない。

引退後の殿堂入りもすでに間違いない〔Photo〕Gemini Keez

ただ、表現が不躾なゆえに批判されたが、“日米通算記録”に関し、ローズと同じ結論を語るファン、関係者は少なくない。日米のレベル差以前に、日程、球場など様々な点で異なる2リーグの記録を、比べるだけでなく合計してしまうのは実際にかなり強引に思える。そんな無理をせずとも、日本、アメリカでのそれぞれの実績を讃えれば良いだけのことではないか。

イチローに関しても、あくまでメジャーでの2500本安打、3000本安打到達の際に大きく取り上げられるべき。そのような意見は米メディアにもあったし、筆者も同じである。

2013年に日米通算4000本安打を放った際に、当のイチロー本人も「ややこしい数字。両方のリーグの数字を足しているものですから」と語っていた。今回の4257安打を打った後にも、「この記録をゴールに設定したことはない」といった言葉が届いてきた。それらの発言が示す通り、イチローの中にもこの記録に対して微妙な思いがあるのだろう。