環境・エネルギー ブルーバックス
海水はなぜ塩辛い?波はどうして起きる?意外と知らない「海」の秘密
柏野祐二『海の教科書』
(写真:柏野祐二)


海のさまざまな現象を知ると、地球の素顔が見えてくる

海水はなぜ塩辛い? 波はどうして起きるのか?

月が潮の満ち引きを起こしているって本当?

親潮や黒潮はどこからやってくる?

熱帯で起こるエルニーニョ現象が、なぜ日本の気候に影響する?

数千年もかかって海水が地球をめぐる「海洋大循環」とは?

あなたの知らない海の姿を、最新科学で徹底解説。目に見える海の現象から、目に見えない地球規模の活動まで、海をまるごと解説する、海洋学の入門書です。

まえがき

たいていの読者の皆さんは、浜辺に立って海を眺めたことがあると思います。また、潮干狩りをしたことがある読者もいるかと思います。そうして海に接していると、不思議に思ったことはないでしょうか。

たとえば、波はどこでどのように生まれたのか、潮が満ちたり引いたりするのはなぜだろうといった疑問です。実際、私は五歳の時に父に「波はどうして起きるの?」と質問して、困らせた記憶があります。しかし、それらの疑問に対して答えられる人は少ないのではないでしょうか。

また、日本は海に囲まれた国です。そして日本人は多大な恩恵を海から受けています。しかしながら、海のことを学んだ日本人はいったいどれくらいいるのでしょうか。たとえば、二〇一一年三月一一日に東日本大震災が起こり、多くの方々が津波により亡くなられました。ところが、その津波について学んだ方はほとんどいないのではないでしょうか。

日本人にとって海はなじみが深いにもかかわらず、日本の学校教育における海洋教育の位置づけは非常に低く感じます。かく言う私も、小学生から高校生までの間は海に関して学ぶ機会は無く、大学に入って海洋学を学んで初めてその重要性を認識したものです。

現時点でも、文部科学省が作成している学習指導要領(文部科学省ウェブサイトから入手できます)には、小学校・中学校では海に関する記述はほとんどありません。高校の地学に至ってやっと登場しますが、それも地質学や天文学の記述に比べるとはるかに少ないのです。こんな状況で、海に囲まれた国の国民として良いのかという疑問を私はずっと持ち続けていました。