野球
[アイランドリーグ]
愛媛・弓岡敬二郎監督「前期優勝を支えたベテランとルーキー」

〔photo〕iStock

0.5ゲーム差で前期優勝

前期の全日程が終了し、愛媛マンダリンパイレーツは19勝10敗2分けで、徳島インディゴソックスにわずか0.5ゲーム差で優勝に輝くことができました。終盤から徳島にだいぶ追い上げられましたが、マジック2で迎えた5月28日に愛媛が勝ち、徳島が負けたことで最後はなんとか優勝できたような感じです。

打つ方では4番ミッチ・­デニングが打率3割8分9厘、3本塁打、23打点とチームを引っ張ってくれました。あとは、ルーキーの活躍が目立ちましたね。­ピッチャーでは­佐藤宏樹が12試合に登板し、野手では林敬宏と古川敬也がいいところで打ってくれました。彼らが想像以上に­活躍してくれた­ことも勝因の1つです。

投手陣は、誤算もありました。開幕投手を務めた東風平光一が開幕戦後に肩を痛めてチームから離脱。シーズン序盤からずっと先発が1枚足りない状態だったので、正直きつかったですが、東風平の­代わりを5年目の伴和馬が担ってくれました。

伴は3勝2敗と多くの勝ち星は挙げられませんでしたが、先発で投げた試合は崩れることなくきちんとゲームメイクをしてくれた。先発だけでなく、時には中継ぎでも起用しました。11試合に登板し、49イニングを投げるなど、彼はきつい役回りをよく­頑張ってくれた。東風平が抜けた穴を伴が埋めてくれたので、チームは­だいぶ助かりましたよ­。

伴の他に、正田樹、佐藤、四戸洋明が3勝を挙げました。このデータから分かるように、ピッチャーは1人のエースに頼るのではなく、全員がまんべんなく頑張ってくれました。­佐藤は1年目ということもあり、開幕当初は慣らすために中継ぎで投げさせていました。しかし、いい球を投げるので先発で使わないともったいないと思いました。

佐藤は身長181センチと長身でピッチャーらしい体形をしています。コントロールもそんなに悪くないですし、フォアボールで崩れるようなタイプではありません。やはりフォアボールから失点に­つながるパターンが多いので、佐藤のピッチングは見ていて楽ですよ。

彼はもう少しスピードが出るようになれば面白い存在になります。後期は140キロ後半ぐらいを目指して欲しいです。