格闘技
石井慧と村田諒太、五輪金メダリストの「その後」を考える
MMA転向後、戦績は勝ち越しているが、インパクトは大きくない

リオ・デ・ジャネイロ五輪が目前に迫っている。ということは、2012年のロンドン五輪から4年、08年北京五輪から8年が経つことになるのだが、気になるのは、この時に金メダルを胸に輝かせてプロのリングに足を踏み入れた2人の日本人ファイターのことだ。

石井慧と村田諒太。
 
08年北京五輪・柔道100キロ超級の金メダリストとなった石井は、その直後に総合格闘技転向を表明し、09年大晦日の『Dynamite!!』で総合格闘技デビューを果たした。

だが、“石井人気爆発”に向けて用意された大舞台で、石井は、すでにピークを過ぎ引退を目前に控えていた吉田秀彦に敗れてしまう。これで石井への期待が一気にトーンダウン。これまでに20試合を行い、14勝5敗1分けの成績を残してはいるが、周期の期待に応えたとはいい難い。

エメリヤーエンコ・ヒョードルにKOで敗れ(11年大晦日)、ミルコ・クロコップに連敗(14年8月&大晦日)、昨年12月29日には、『RIZIN』の100キロ級トーナメントに出場するも1回戦で新鋭イリー・プロハースカに秒殺されてしまった。「ここ一番」の闘いで勝てなかったのだ。

現役続行中の石井は、6月24日、米国セントルイスでベラトール主催のイベント『DYNAMITE2』でクイントン・ランペイジ・ジャクソンを相手に再起戦を行なうことが決定。正念場が続く。

さて、ロンドン五輪・ボクシングミドル級金メダリストの村田諒太はどうか?

ロンドン五輪翌年の13年8月に当時、東洋太平洋&日本ミドル級王者であった柴田明雄に2ラウンドTKO勝ちで鮮烈デビュー。これまでに10試合を行い、全勝7KO勝ち。WBA、WBC、IBF、WBO主要4団体すべてのランキングで10位以内に名を連ねている。7月23日には米国ラスベガスでジョージ・タドニパーと闘うことが決まっており、来年中の世界王座挑戦を狙っている。
 
こう書くと、いかにも順風満帆のように思えるが、実は、そうでもないように思う。村田は着実に成長している。しかし、ここまで至るのに時間がかかり過ぎてはいないか。