大統領選 アメリカ 国家・民族 国際・外交
「トランプ大統領」誕生でファシズム到来!? 投資家も支持、待ち受けるのは絶望だ
〔Photo〕gettyimages

投資家がトランプ支持に回りはじめた

11月8日に実施される米大統領選は、民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官(68)と共和党候補の不動産王ドナルド・トランプ氏(69)の対決となった。

6月7日に行われたカリフォルニア州などの大統領予備選の集票結果は未だ判明していないが、8日時点での総得票数は、クリントン氏が約1520万票で約1390万票のトランプ氏を上回っている。

それでも、米メディアは「トランプ大統領」誕生の可能性が少なくないと報じている。米金融資本の象徴であるニューヨーク・ウォール街とワシントン・キャピトルヒルの共和党主流派批判を繰り返してきたトランプ氏だが、ここに来てウォール街や共和党有力者の間で大きな変化が見え始めた。

ウォール街の最大手ゴールドマン・サックス(GS)在職時代に4000万ドル稼いだことで有名な投資家のスティーブン・ムニキン氏(父もGS元幹部)、やはりGS出身で起業家のアンソニー・スカラムッチ氏(フォックステレビで「ウォールストリート・ウィーク」という自分の番組を持っている)、日本でも馴染みがある投資家のT・ブーン・ピケンズ氏(小糸製作所乗っ取り未遂事件で知られる)ら超大物がトランプ氏支持を表明、本選に向けた選挙資金集めに協力している。

一方、共和党重鎮のポール・ライアン下院議長を筆頭に、超保守派のボスであるニュート・ギングリッチ元下院議長、保守中道派のボブ・コーカー上院外交委員長までもがトランプ氏支持に回ったのだ。

コーカー上院議員(テネシー州選出)は、7月18~21日にオハイオ州クリ-ブランドで開かれる共和党大会でトランプ大統領候補のランニング・メイト(副大統領候補)に指名されるのではないかと言われている。

ワシントンの政界雀は、こうした「バスに乗り遅れるな」現象を冷ややかに見ているが、それだけ「トランプ大統領」が現実味を帯びてきた証左と言えよう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら