医療・健康・食 週刊現代
いま話題の水素水、本当に体にいいのか? 第一人者を直撃したところ…
「推奨派」と「懐疑派」が大ゲンカ
〔PHOTO〕gettyimages

「水素の還元作用で、美容にも健康にも効果がある」ともてはやされる水素水に、ネットで配信されたニュースが異を唱えた。議論が白熱する中、水素水の第一人者が語った驚きの「真実」とは……。

藤原紀香も飲んでいる

飲むだけで疲労や肩こり、二日酔いといった日々の不調から認知症や糖尿病、脳梗塞、パーキンソン病といった重大な疾病まで改善させる効果がある——などと言われてブームになっている「水素水」。これがいま、「本当に効くのか、効かないのか」を巡って、大論争になっている。

発端は、ウェブサイトの産経ニュース。5月中旬、同サイトが「市場に出回っている水素水には健康効果が認められない」とする記事を配信し、これに「水素水の専門家」が猛然と反論したことで議論が沸騰した。

「水素水」にはいくつか種類があるのだが、基本的に分子状の水素か水素イオンが、通常の水よりも多く含まれている水のことを言う。

'07年、日本医科大学の太田成男教授(細胞生物学)が、医学誌「ネイチャー・メディシン」の電子版に「水素分子の抗酸化作用に関する論文」を発表し、これを機に注目を集めた。

論文で太田氏は、脳梗塞の状態にしたラットに水素ガスを吸わせることで、水素分子が生体内から有害な活性酸素を除去し、脳梗塞状態を改善させる効果があったと主張した。

「その後、太田氏は実験動物に水素水を飲ませた際にも同じく活性酸素を除去する効果があると報告し、現在までに世界で約400報の水素医学に関連する論文が発表されています」(医療ジャーナリスト)

活性酸素は、生物の細胞内で絶えず生成される物質で、生命活動に必要でありながら、生物の細胞に損傷を与える有害性が指摘されている。余分な活性酸素が溜まると、がんや糖尿病をはじめとする生活習慣病にかかりやすくなり、老化などを促進するといわれている。

この活性酸素を除去するというふれこみに、飲料メーカーが反応。各社が次々と「水素水」と名のついた商品を発売し、市場は急拡大中だ。