野球 週刊現代
和田毅「実際より速く見える」のはなぜか?
~球界きっての“思考派”の源流を探る

二宮清純レポート
「実際より速く見える投手」と言われるが、手術後は平均球速が本当に上がった〔PHOTO〕gettyimages

メジャー挑戦から帰ってきた選手が、かつての輝きを取り戻せずに苦しむケースが目立つ。だが、5年ぶりに古巣に戻ったサウスポーは新たな投球術を習得し、その輝きを一段と増している。

和田だけが持つ技術

福岡ソフトバンクの和田毅は、業界ではカメラマン泣かせのピッチャーとして知られている。リリース、すなわち指からボールが離れる瞬間を、思うようにファインダーにおさめることができないのだ。

「いいピッチャーほど(リリースの瞬間が)撮りづらい」

こう持論を述べるのはソフトバンクの公式カメラマン・繁昌良司だ。

「通常、左ピッチャーに対しては一塁側でレンズを構えます。リリースの瞬間を狙うのですが、シャッターを押すタイミングが難しい。

普通のピッチャーは同じタイミングで投げてくる。だから何球か投げているうちに、だんだんタイミングが合ってくるんです。

ところが和田だけは最初から最後までタイミングが合わない。おそらく微妙に(リリースの)タイミングをずらしているんでしょう。シャッターを押すタイミングがとれないリリースポイントなのに、どうすれば打てるのか。バッターも大変だと思いますよ。

以前は、たまに撮りやすい日もあった。案の定、その日は打たれていました。今年は、ほとんど(撮りやすい日が)ないように感じられます」

その話を、和田に向けてみた。

「よく、そう言われます。確かに僕の写真って、だいたいリリースの前か後なんですよ。リリースのまさにその瞬間というのは、僕自身あまり見たことがありませんね」

現在、今季8勝2敗(両リーグトップ)、防御率2.97。パ・リーグの勝ち頭である。

4月20日、QVCマリンでの千葉ロッテ戦では日本球界復帰後、初の完封勝ちをおさめた。