企業・経営 金融・投資・マーケット 医療・健康・食
【間もなく上場】コメダ珈琲はこんなにスゴイ!営業利益30%「異次元の高収益」体質を分析する
【ホームページより】

ついに上場

東京証券取引所は去る5月26日、「コメダ珈琲店」などを運営するコメダホールディングス(以下、コメダHD)の上場を承認したと正式発表した。上場予定日は6月29日で、想定発行価格は1960円で株式時価総額は約858億円となり、同業ではドトール・日レスホールディングスの934億円に次ぐ規模となる。

コメダHDは2013年2月に、MBKパートナーズが2月にアドバンテッジパートナーズ(出資比率78%)、さらにサッポロホールディングス傘下のポッカサッポロフード&ビバレッジ(同12%)などから全株を取得し、買収総額は負債も含め約430億円規模の案件であり、今回はそのイグジットの一環となる。

主幹事は大和証券。公募はなく、売り出しのみで2670万株、全てMBKパートナーズのファンドであるMBKⅢ Limitedの売却のみ。オーバーアロットメント(以下、OA)は400万株。

本件はMBKパートナーズが買収時に巨額ののれん代を抱えたことから、会計基準は減損が発生しなければ償却の必要がない国際会計基準(IFRS)を採用しており、IFRSを採用する企業としては、すかいらーくに続く新規上場となる。

コメダ珈琲店は1968年1月に加藤太郎氏によって創業され、FC展開を中心に事業を拡大してきたが、2008年3月に、加藤氏の事業承継という形でアドバンテッジパートナーズが全体の78%を取得し、ほぼ同時期と思われるが、サッポロホールディングス傘下のポッカサッポロフード&ビバレッジ(同12%)が取得した。

そして、前述の通り、2013年2月にMBKパートナーズが負債込みで全株を430億円で取得となる。

ここで少し、アドバンテッジのリターンを検証してみたい。

アドバンテッジの取得価格詳細はわからないが、丁度同時期にコメダ株を取得したポッカサッポロ(当時ポッカ)の譲渡益などが開示されている。

特別利益の発生に関するお知らせ (http://www.sapporoholdings.jp/news_release/0000020108/index.html)

ポッカサッポロフード&ビバレッジは株式譲渡益として約34億円(帳簿価格5億5900万円)を計上するとのことなので、ポッカの譲渡価格は34億円 + 5.59億円 = 39.59億円。

この39.59億円が全体の12%なので、コメダの全体の株式時価総額は39.59 × (1 ÷ 0.12) = 330億円 になる。

結果として、買収総額430億円のうち、約100億円が負債と考えられる。

アドバンテッジはコメダの78%を取得していたので、
330億円 × 78% = 257.4億円 。

ポッカサッポロは取得価格の7.08倍で売却するので、同様にアドバンテッジの取得価格は、257.4億円 ÷ 7.08 = 36.4億円ということになる。

アドバンテッジのコメダ株の取得は2008年4月なので、約5年でのイグジットとなるが、5年で7倍はIRR48%となり、取得額にはレバレッジも効いているだろうから、リターンはおそらく50%を超える大成功のディールと言ってよいだろう。

そして今回はそのアドバンテッジからコメダ株を取得したMBKパートナーズのセカンダリーバイアウトの位置づけとなる。