野球
ダルビッシュ圧巻の復活劇に思う、プロフェッショナルのあるべき「態度」
コリジョン・ルールの本当の論点は何か
〔photo〕gettyimages

 ダルビッシュ、圧巻の復活劇

日曜日だというのに、朝からあわただしい日だった。5月29日のことである。

ダルビッシュ有(レンジャーズ)のメジャー復帰戦と、前田健太(ドジャース)の先発試合がちょうど同時刻に重なってしまったのだ。当然、ダルビッシュを見たいが、デビューから3連勝のあと、失点の目立つマエケンも気になるし……。イニングが終わる毎にチャンネルを変えて忙しいったらありゃしない。

まずは、なんといってもダルビッシュ。石井一久さんは得意(なんでしょう、きっと)の英語で「ドミネート(圧倒)」(「スポーツニッポン」5月30日付)という言葉を使っておられたが、まさに圧巻でした(dominateは、こういうふうに使うんですね)。

立ち上がりは、パイレーツの1番ジョン・ジェイソに対して、初球のストレートがボール。2球目、明らかにストライクを取りにいったストレート系がやや中に入り、いきなりセンター前ヒットを打たれた。この2球は、恐る恐る投げている感じがあって、気が気じゃない。

そんな心配は、2番の強打者アンドリュー・マカッチェンを迎えて、ふっ飛んだ。

4球続けてストレート系を投げてカウント2-2。ボールにはなったが、4球目は、ちょっとだけ力を入れたら156キロ。あ、これは大丈夫だ。と思った次の5球目、スライダーが外角に鋭く曲がり落ちて空振り三振。マカッチェンは途中から、ボールの軌道が見えなかったのではあるまいか。メジャーの強打者にしてはなかなか不細工な空振りだった。

チャンネルを変えると、マエケンの相手メッツ先発はノア・シンダーガードである。160キロの速球に鋭く落ちるスライダー。前田のストレートが子どものボールに見えるくらいの豪球投手だ。たぶん、平均球速もダルビッシュより上だろう。

だが、投手としては、ダルビッシュのほうが全然上だと断言したい。

その理由はボールの角度である。この日、ダルビッシュのボールは、真上から真下へ投げおろす感覚に見えた。すなわち、タテの軌道である。だから、低めに決まるときに、うなりをあげて伸びる感覚がある。これぞピッチャーでしょ。

ところが、昨今のメジャーを代表する豪球投手は、ややヒジが下がり気味で、地面と平行に近い球筋が多い。いわば、ヨコの軌道である。

シンダーガードもそうだが、たとえば、マックス・シャーザーがそうでしょう。豪速球投手なのに、ひたすら低めのコーナーを粘り強く狙っている感じがある。それは、あくまでも高額契約をまっとうする営為であって、アートではない、とでも言おうか(もちろん、やや全盛期を過ぎたかもしれないが、ジャスティン・バーランダーのように、真上から投げおろす豪腕投手もいる)。