サッカー
日本サッカー、「職人」不足がACL早期敗退の一因

早いもので、リオデジャネイロ五輪までおよそ2ヵ月を切りました。U-23の選手たちは五輪メンバー入りに向けてアピールを頑張ってほしいです。佳境に入ったJ1リーグのファーストステージは6月25日で最終節を迎えます。J1はどこのチームがファーストステージを獲るのか、目が離せません。

甘さを露呈したU-23

オリンピックの前哨戦と言われるトゥーロン国際大会が終わりました。結果は1勝3敗でグループリーグ敗退。大会を総括すると、同じ失敗の繰り返しで“甘さが出た”という印象です。日本は先に失点を喫して、追いかける展開の試合ばかり。それも今大会の失点のすべてが前半でした。

試合の入り方が漠然としていて、DF組織の緩みやズレが出てしまった。そこを南米、ヨーロッパ、アフリカと対戦相手のずる賢さで突かれました。国際大会になると少しの綻びで“これだけやられてしまうんだ”、“これだけつけ込まれるんだ”と選手たちは痛感したのではないでしょうか。

ここまで来てしまえば、もう技術云々ではありません。まずは試合への入り方を見直して甘えをなくすこと。チームの意識を統一することや士気を高めるなど、メンタル的な部分でまだまだ改善できることはあります。本番前にお灸を据えられて、どこまで選手たちが奮起できるか期待しましょう。

明るいニュースは、U-23日本代表のFW浅野拓磨とMF大島僚太がキリンカップに出場する日本代表のメンバーに選出されました。浅野は海外組とは初顔合わせ、大島はA代表の選出自体が初めてです。これは彼らにとっていい刺激になるでしょう。

A代表は特別な場所ですし、海外でプレーしている選手たちから学べることはたくさんある。この経験をU-23代表のメンバーたちにも伝えてほしいですね。

観ている側は楽しい“三つ巴”のJ1

注目はオリンピックだけではありません。J1のファーストステージは佳境に差し掛かってきています。

5月31日現在で首位は川崎フロンターレ(勝ち点31)、2位が鹿島アントラーズ(同30)、3位が浦和レッズ(同27)です。面白いのが、川崎Fと鹿島は14試合を消化していますが、浦和はまだ12試合しか消化していない点です。