雑誌
税金でエンジョイライフ! 舛添都知事が問われているのはその「人間性」だ
あまりにセコくて、恥ずかしい
〔PHOTO〕gettyimages

清濁併せ呑むのが政治家とは言え、あまりにセコい。カネを守るために不正を働き、謝ることもできない。政策や実績はもはやどうでもいい。都民はもう、あなたに都知事をやってほしくないんです。

返せばいいってもんじゃない

俺はこの苦境を乗り切った——。

いま、舛添要一東京都知事はごく近しい周囲の人間にだけ、こううそぶいているという。

都庁幹部が明かす。

「ファーストクラスに乗り、スイートルームに連泊して5000万円以上を計上した外遊。週末のたびに湯河原の別荘へ公用車利用。千葉県・木更津の温泉旅館へ家族で宿泊しながら、政務活動費として報告。そして、政治資金計1600万円を『家賃』として自宅に支払い……。

これらの大問題を起こしながら、舛添さんはもう禊(みそぎ)は済んだと思っています。

本人によると、その根拠は『違法性がないから』だそうです。家族旅行の経費37万円は返却したし、会見で説明もした。法に触れているわけではないんだから、もう終わりでいいだろう、というわけです。

相談に行った自民党東京都連から、『自民党としては6月1日から始まる都議会で、これ以上問題追及はしない』という口約をもらったことも、大きかったみたいですね。自民党としては、ダブル選挙がありそうで、来年には都議選を控えたいま、都知事選をやる余裕はないですから。舛添さんを引きずり下ろすのは得策ではないと考えたんです。

舛添さんに反省はない。唯一、会見以降に変わったことといえば、クーポンを使ってマクドナルドに行かなくなったくらいでしょうか。近しい記者や職員を昼食に伴った時は、定食屋に連れて行き、舛添さんが支払いを持つようになった」