藤川球児、「球威」復活のカギは”開き直り”にあり!
〔photo〕gettyimages

 全盛期を100点とすると、現状は?

17日の阪神-中日戦(甲子園)で、4年ぶりに藤川球児が守護神として9回のマウンドに立ちました。全球ストレート勝負で挑み、打者3人を完璧に封じて、日本球界復帰後初セーブを記録。全盛期に比べて球質は落ちていましたが、縦横のコースに投げ分けたバッターとの駆け引きは見事なものでした。

4年ぶりに古巣に復帰した藤川は先発として再出発しましたが、4試合投げて1勝2敗、防御率6.12と振るいませんでした。先発で上手くいかなかった一番の原因は、2013年に受けたトミー・ジョン手術の影響でしょう。

僕も現役時代に同じ手術を受けています。僕の経験からすると、術後から1、2年経てば腕の違和感はなくなります。しかし、トミー・ジョンをした後は、故障前の状態を100%とするならば98%にしか戻らないんです。残り2%のズレに慣れることはそう簡単ではありません。

先発は長いイニングを投げるので、通常100%のところを95%の力で投げます。しかし、トミー・ジョンを受けた選手は95%で投げようとしても90%になってしまうんです。

藤川の先発試合を見ていて、今までカウントを稼げていた球を痛打される場面が多かった。先発だと当然長いイニングを投げるので、5~6回までもたないんですよ。

今季の藤川の投球を見ていて、全盛期が100点だとすると現状は90点。未だに“怪我に対する怖さ”が残っている印象を受けます。

体は怪我をした感覚を忘れないので、“再び怪我をするのではないか”という恐怖心に打ち勝たなければいけません。とはいっても、これはメンタル的な部分なので時間が解決してくれるでしょう。