金融・投資・マーケット
ついにきた! 中国人「爆買い」終了の兆候 この一大事をどう乗り切るか?
データで見るとはっきり分かる
【PHOTO】gettyimages

人気商品に変化が…

訪日外国人観光客による多額の消費、いわゆる「爆買い」の一服が鮮明になった。日本百貨店協会が5月20日発表した4月の外国人観光客の売上高が前年同月比でマイナスになったのだ。

アベノミクスが始まった2013年1月以来、39カ月ぶりである。本欄でも、「ついに「爆買い」がピークアウト!?」(2015年10月21日http://gendai.ismedia.jp/articles/premium01/45941)、「『爆買い』は2月で終わる!?」 http://gendai.ismedia.jp/articles/premium01/47447)と折に触れて注目してきたが、遂にその時がやってきたわけだ。

4月に全国84の百貨店店舗で免税手続きをして購入された商品の総売上高は179億9000万円と前年同月比9.3%減少した。2013年1月の段階では、免税売り上げが19億4040万円に過ぎず、全体への影響はわずかだったため、外国人の国内消費に注目する人はほとんどいなかった。

それが、今では全国百貨店総売上高の4%近くを占めるようになり、百貨店の業績ばかりか、日本の消費動向を大きく左右するようになっている。それだけに「爆買い」のピークアウトは、日本経済にとって一大事なのである。

爆買い一服の理由は明らかだ。中国人観光客による高級品の購入が激減しているのだ。

百貨店協会の発表では、「外国人観光客に人気のあった商品」として上位5分野を発表している。これまで1位の常連は「ハイエンドブランド」だったが、4月になって異変が起きた。

「婦人服飾雑貨」が1位に浮上、2位は「化粧品」、3位は「婦人服」、4位は「食品」、5位は「家庭用品」となり、「ハイエンドブランド」が姿を消したのである。これまで売れ筋だった高級ブランドもののバッグや時計・宝飾品などがめっきり売れなくなり、どちらかというと庶民的なモノが売れ筋になったのである。