レブロンとクリーブランドの悲願は叶うのか
(クリーブランドの街でレブロン悲願の優勝パレードが行われる日はやって来るのか)

NBAの2015~16年シーズンも大詰めを迎え、クリーブランド・キャバリアーズ(以下、キャブズ)が順調に勝ち進んでいる。
イースタンカンファレンスの第1シードでポストシーズンに進んだキャブズは、プレーオフで無傷の10連勝。カンファレンス決勝でもトロント・ラプターズを2勝0敗とリードし、2年連続のファイナル進出にあと2勝に迫っている。
 
「僕たちには優勝する準備が整っていると感じている。このチームに自信を持っているし、目標にしているのはそれだけなんだ」
3月下旬、ニューヨークでのゲームの際にレブロン・ジェームスがそう語ったときには、その言葉は一般的に真剣に捉えられていなかった感があった。シーズン中はウェスタンカンファレンスに属する昨季王者ゴールデンステイト・ウォリアーズ、強豪サンアントニオ・スパーズが歴史的なペースで勝ち続け、この2強の総合力が頭一つ抜けていると思われていたからだ。

(昨季はケガに泣いたアービングもリベンジに燃えている Photo By Gemini Keez)

しかしプレーオフが始まって以降、快調なプレーを続けるキャブズへの評価は一気に高まっている。ラプターズとの東地区ファイナルでは第1戦で31点差、第2戦では19点差でどちらも圧勝。もともとイーストでキャブズは頭一つ抜けた存在と見られていたが、それでもプレーオフにこれほど圧倒的な点差で勝てるものではない。
 
「キャブズは良い流れになっている。1年前の現時点と比べて、レブロンが手に取っているシュートの数が約100本も少ない。チーム内に他にも武器があるから打つ必要がなくなっているんだ。状態が良く、特別な予感が漂い始めている」
ESPN.comのブライアン・ウィンドホースト記者がPodcast内でそう語っていた通り、多くのタレントを擁するキャブズは、最も大事な季節に綺麗にピークを合わせてきた感がある。

(3点シュートが得意なJR・スミスも重要な得点源だ Photo By Gemini Keez)

思えば1年前。レブロン復帰1年目のキャブズはプレーオフで波乱の道のりを余儀なくされた。第1ラウンドでケビン・ラブ、ファイナル第1戦でカイリー・アービングといった主力が故障離脱。以降は苦しい陣容でのプレーが続き、最終的にファイナルでは2勝4敗でウォリアーズに敗れた。
 
しかし、今季は状況がかなり違う。大きなケガを抱えている選手は一人もおらず、疲れの溜まるはずの時期にベストに近いコンディションを保っている。ラプターズとの第2戦ではレブロンがトリプルダブル(23得点、11リバウンド、11アシスト)、アービングが同シリーズ最初の2戦で合計53得点をマークするなど、二大プレーメーカーが絶好調。2人が開いたスペースを生かし、周囲のシューターたちも気持ち良さそうにアウトサイドからシュートを決めている。
 
ラプターズにも4連勝か4勝1敗で早々とイースタン制覇を決めれば、6月2日のファイナル第1戦までゆっくり身体を休められるのも大きい。