トライアスロンが変えた、元アイドルの生活
(スタート前の様子)

5月15日、ホノルルスポーツの風物詩「ホノルルトライアスロン」が開催。ここで、フィニッシュ後にひと際元気な女性がいた。

日本では元気印のアイドルとして活躍。その後は活躍の場をニューヨークに移し、現在はハワイ在住の「相原勇」である。彼女は皆の声援を受け、見事に初めてのトライアスロンをフィニッシュした。いつも以上に笑顔の彼女は、いつもより言葉少なくその喜びをかみしめているように見えた。

始まりは俳優の鶴見辰吾だった。番組で、鶴見と共演した相原はトライアスロンを勧められる。走ることに取り組み始めていた相原は、鶴見の勧めが素直に受け入れることができ、それを意識するようになった。後に「ハワイの生活は緩すぎて、何か目標を持って生きたいと思っていた。そんな時にこのスポーツを聞いて、この地にぴったりだと思ったんです」と語っている。そして僕との出会いでその流れはさらに加速していく。

(バイクで走る。短い準備期間でそれなりにまとめた)

しかし、彼女はスイムもバイクもやったことがなかった。ランにしても昨年5月時では10km走るのが精一杯という状態である。相原は体力も技術も伴っていなかったのだ。そこでまず彼女の最初の目標に設定したのが地元のビッグイベントである「ホノルルマラソン」。

半年でマラソンを完走しようという目標に向けてトレーニングを開始した。もともと、やり始めると中途半端にできないのが性分の相原。走り過ぎるがあまりに、体のあちこちが不調を訴え、ケアのためにアイシングをしたら凍傷になってしまうという有り様である。それでも満身創痍で迎えた12月のホノルルマラソンを見事に完走した。このあたりから彼女も自分の体力に少し自信が持てるようになった。

次の課題はスイム。水に親しみのない生活を送ってきた彼女にとって足がつかないところで泳ぐのは恐怖以外の何物でもなかった。プールや海で何度も過呼吸になりながら、トレーニングする日々は続いた。「速さや距離にとらわれず、とにかく泳ぐ機会を増やすこと。水と仲良くなること」。そんなアドバイスにしたがって、毎日のようにプールに通ったという。幸いハワイはプールや海など泳ぐ場所には困らなかった。最後に自転車を始めたが、これには適応性の高い相原は早く順応し、とりあえず形にはなった。