雑誌
あの田中角栄が惚れ込んだ
最強の官房長官「カミソリ後藤田」の素顔

いまの政界にこの人がいてくれたら
ごとうだ・まさはる/1914年、徳島生まれ。東京帝大を卒業後、内務省勤務。戦後は警察庁に勤め、警察庁長官に。官房副長官時代、田中角栄に見いだされ、 衆院議員としても活躍。中曽根内閣の官房長官を3度にわたって務め、「カミソリ後藤田」の異名を取る。

ベッコウ眼鏡をかけて淡々と語るその姿は、派手さこそないが、確固たる信念を感じさせた。田中角栄が惚れ込み、中曽根康弘が頼った「最高の補佐役」の素顔とは?

お世辞もお追従も言わない

大宅映子 初めて後藤田さんにお会いしたのは、私が司会を務めていた政府広報番組『あまから問答』にゲスト出演していただいた'79年。ほかの政治家と比べて断トツに魅力的でした。

とってもかわいいんです(笑)。初めての収録後、「大宅さん、女性票を取るためにはどうしたらいいかなあ」と真剣に聞いてくる。元警察庁長官なのにそんなことを尋ねるなんて、ギャップがあって素敵じゃないですか。

おおや・えいこ/'41年、東京生まれ。ジャーナリスト。行政改革審議会など政府の審議会の委員を多数務める。現在は、『サンデーモーニング』(TBS)などに出演

武村正義 あだ名が「カミソリ」ですから、一般には怖い人だという印象があるかもしれませんが、僕も全然そういう感じはしませんでしたなあ。

初対面は'62年、自治省を受けた時。当時局長の後藤田さんの面接を受けました。履歴書で僕が妻子持ちなのを知って、「君は結婚しているのか。アレッ、子供までおるじゃないか」とおもしろそうに言っていたのを覚えています。

たけむら・まさよし/'34年、滋賀生まれ。自治省勤務後、八日市市長、滋賀県知事などを経て、'86年、衆議院議員に。新党さきがけを結成し、官房長官も務めた

御厨貴 私の場合、おふたりと違って最初は緊張関係(笑)。'95年、連続インタビューのお願いで事務所を訪れました。後藤田さんの経験の聞き取りをしたいと、その意味を縷々説明したら、「それが君たちの得になることはわかった。でも俺の役には立たない」とそっけなく言われてしまった。

何とか聞き取りさせてもらえることになってからも、「2週間前までに必ず質問事項を提出せよ。一日でも遅れれば中止する」と脅かされました。

みくりや・たかし/'51年、東京生まれ。政治学者、青山学院大学特任教授。東京大学教授などを経て現職。著書多数。共著に『情と理—後藤田正晴回顧録

武村 後藤田さんは言葉遣いが単純明快で、お世辞やお追従を言わない。だから怖く感じられるのかもしれませんね。

その分、合理的で実務能力は抜群でした。戦前の内務省出身ですから、頭は切れました。判断が早く、イエス・ノーがパンパンと決まる。

大宅 頭の中がよく整理されていましたね。後藤田さんが番組のゲストだと、どんな話を振っても大丈夫。こちらが準備をする必要がほとんどなかった。

しかも論理的で、書き起こしたらそのまま本になるくらい。でも「官僚言葉」じゃない。交通安全協会の集まりのあとで後藤田さんの時事問題についての意見を聞くのが楽しみでした。