格差・貧困 社会保障・雇用・労働
先進国で最悪水準「子どもの貧困」~ひとりの男の子と統計データが示す厳しい現実
Photo by iStock


文/森山誉恵(NPO法人3keys代表理事)

近年、奨学金の充実化やひとり親家庭への児童扶養手当の充実化をはじめ、家庭の状況によらず子どもたちの権利を社会で保障する動きが少しずつ増えてきています。そんな中でも、「今までやってこなかった本人の責任」という言葉や、「どうせ支援したって無駄なことにお金使われる」という声をいまだに聞くことがあります。

私はこれまで300人近くの、虐待や貧困などで頼れる親や大人が少ない子どもたちを支援してきましたが、その中で意図して悪い方向に行く人は見たことがありません。自分の生い立ち以上に、必死に生きている子どもたちばかりで、いつも自分がいかにのんきに生きてきたか、恥ずかしくなるほどです。

私がいまの活動をはじめるきっかけにもなったひとりの男の子がいます。これは、NPO法人3keysを立ち上げる前、虐待や育児放棄などで親と暮らせない子どもたちがいるクラス児童養護施設(以下、施設)に、個人でボランティアをしていたころの話です――。

学校嫌いは、ただ単に悲観的だからではなかった

私がはじめて彼に会ったとき、彼はすでに学校や勉強への意欲はほとんど残っていない状況でした。その学力は小学校1~2年生レベルですら抜け漏れが多い状況でした。中学校の数学をやろうにも、教科書で公式を見ても小学生のころの四則演算がうまく解けないので人の何倍もかかってしまう……。

そもそも勉強の習慣がないため、長時間、机に座っていることに慣れていない。誰かに勉強を教わったこともほとんどないので、勉強を教えてもらうこと自体がなんだか気持ち悪い。そんな状況でした。5分ほどしたら、顔を伏せて寝てしまいました。おそらく学校でも同じような感じだったのかもしれません。

中学生のときに育児放棄で保護され、施設に入所した彼はひとり親家庭で育ちました。母親は彼を含めた2人の子どもを育てるために朝から晩まで働いていました。

父親のことはよくわからず、まだ家庭にいたときも連絡すら取れない様子だったのでおそらく養育費をもらえなかったのだと思います。子育てと長時間労働を両立させるのは困難なため、母親はパートや夜の仕事をかけもちしながらなんとか生活している状況だったそうです。