ブルーバックス
文系でも分かる!世界的研究者がひもとく「最新・生命科学入門」
森和俊『細胞の中の分子生物学』
〔PHOTO〕iStock

文系学生にも大人気、京大名物講義をもとにした「はじめて学ぶ生命科学」
私たちの細胞内で休みなく働きつづける、生命を紡ぐメカニズムとは?

今やさまざまな生命現象が細胞・分子レベルで解明され、生命の本質への理解が格段に深まっています。

生命活動の基本は、DNAの暗号を解読してタンパク質を正しく作りつづけること。生命の基盤「小胞体ストレス応答」の仕組みを解明した世界的研究者が、細胞内で働く巧妙なメカニズムをやさしくひもときます。

生物が嫌いだった

私は、今でこそ生物学の教授をしていますが、じつは、大学へ入るまでは生物という科目が嫌いでした。

高校1年で生物Ⅰを学びました。動物の細胞と植物の細胞を比較すると、内部に共通して存在するもの(核、ゴルジ体、ミトコンドリア)もあるのですが、植物の細胞には葉緑体や液胞が入っています。動物細胞も植物細胞も細胞膜で囲まれているのですが、植物細胞の場合はさらに細胞壁が取り囲んでいます。こんなふうに、生物は生物ごとに違う仕組みを使っているように思えました。

細胞分裂のところでは、有糸(ゆうし)分裂を習いました。細胞が分裂するときになぜ糸が出てくるのか、わけがわかりませんでした。しかも、分裂が進むにしたがって糸の様子が変わっていく間期・前期・中期・後期・終期の特徴をそれぞれ覚えなければなりません。こんな暗記科目は無理だと思い、生物Ⅱは履修しませんでした。

そんな私が変わったのは、大学1回生のとき、1977年のことでした。新聞記事で利根川進博士(1987年ノーベル生理学・医学賞受賞)のご活躍を知り、分子生物学という未知なるものに遭遇したことがきっかけです。

興味を持っていろいろと本を読んでいるうちに、まず遺伝物質はDNAであり、DNAにタンパク質の情報が暗号化されて書き込まれていることを知りました。へぇ、生物って暗号を解読しながら生きているんだ、とわかり、小学生の頃「シャーロック・ホームズの冒険」や「怪盗ルパン」をワクワクしながら読んだミステリー好きの私の好奇心がかき立てられました。

さらに、この遺伝暗号が大腸菌からヒトまで共通だと知り、暗記科目だと思っていた生物にも、とてもシンプルな根本原理が存在することに本当に驚きました。しかもこの原理を活用すれば、遺伝子工学によってヒトのタンパク質を大腸菌で大量生産することができるといいます。私はその将来性に惹かれ、生物学を学びたいと思い転向したのです。

以来、40年近く生物学の研究をしてきました。細胞って本当によくできているなぁという感慨でいっぱいです。本書(『細胞の中の分子生物学 最新・生命科学入門』)は、そんな生物学・細胞研究の面白さを一般の方々にお伝えするため、できるだけ平易に書き下ろしたものです。ぜひ最後までお付き合いください。

難しいところもあるでしょうが(ややこしいところは、章末コラムとして読み飛ばせるようにしました)、読み通すことができれば、きっとあなたも生物学好きになるはずです。ノーベル賞ネタを満載しましたので、毎年10月初めの発表が待ち遠しくなること請け合いです。