現代新書
溶け始めた人間と機械の「境界」 テクノロジーの最前線はとんでもないことになっていた!
AI、ロボット、3Dプリンタ…
〔photo〕iStock

テクノロジーが不可能を可能にする──それは昔も今も変わらない。しかし、現在、テクノロジーの最先端で起きていることは、私たちの想像力をはるかに超えはじめている。

作家・海猫沢めろんが日本屈指の科学者たちを訪ね歩いた話題の新刊『明日、機械がヒトになる』より「まえがき」を特別公開します。

あなたは本当に、人間ですか?

あなたは人間ですか?

そう聞くとほとんどの人が「YES」と答えるでしょう。

だけど、本当にそうでしょうか。

ぼくは、子供の頃、自分がロボットだと思っていました。

あまり悩むこともない単純な人間だったこともありますが、あるときに、ふと自分の行動の多くが、環境に支配されていることに気づいたのです。

そうか……たぶん自分は、ネジや電子機器を使わずに、細胞を組み合わせてつくられたロボットなので、なかなか人間たちにはバレないのだ……。検査されてもボロがでないように、臓器も脳も人間とまったく同じにつくられている。だから心もない。

……そんな設定で日々を過ごしていました。

いつしかぼくはロボットであることを忘れていました。生きていくには何の問題もなかったので、今は、自分がもしかしたら人間なのかもしれないと思っています。

だけど、初音ミクや、テレビに映るロボット、科学技術でつくられた機械に、ときどき「心」みたいなものを感じてしまうとき、ぼくはやっぱり自分がロボットなんじゃないかな、と思うのです。

あなたにもありませんか?

人と機械がどう違うのか、わからなくなるような瞬間が。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら