移籍とはタイミングや巡り合わせ
松原良香Vol.11

元ブラジル代表の故・ソクラテスがぼくにこう教えてくれたことがある。

「移籍というのは、結婚と同じだよ。選手もそれぞれ個性があり、受け入れる側のクラブにも事情がある。どんなにいい選手であっても、必ず移籍が成功するわけではない。タイミングや巡り合わせがあるんだ」
 
ソクラテス自身も、イタリアのフィオレンティーナに移籍した際、結果を残せなかったという過去がある。
 
1999年の松原良香は、まさにタイミングと巡り合わせが悪かった――。

アシストだけでは上がらない“FWの評価”

前年、クロアチアのリエカに移籍、それなりの成績を残した。クラブは契約延長を望んだが、代理人は欲を出し他のクラブを探すことになった。ところが、コンディションが整わないままスイスのクラブのテストを受け、落ちた。その間にリエカとの話は消滅。その後、ドイツ、ブンデスリーガ3部のギュータースローが松原との契約を望んだが、代理人が手間取っている間にこちらもなくなってしまったのだ。
 
松原が次のクラブ、スイス・スーパーリーグのドレモンと契約を結んだのは10月になっていた。
 
ただし、変則的な契約である。
 
ドレモンはバーゼルから南西30キロ、スイス中央部に位置するジュラ州の州都である。クラブは1905年に創設された歴史あるクラブではあるが、決して強豪とはいえなかった。松原が加入したとき、ドレモンは最下位に沈んでいた。
 
スイス・スーパーリーグは南米、アフリカ、あるいは東欧の選手にとって“入り口”でもある。スイスで雰囲気に馴染んでから、トップリーグに移籍するのだ。
ドレモンにも多くの外国人選手が所属していた。
 
松原はこう振り返る。

「ブラジル人、アルゼンチン人、アルバニア人、ロシア人、ギリシア人、ジンバブエ人がいましたね。スイス人のキャプテンは、選手たちを束ねなければならなかったので、フランス語、英語、スペイン語、ドイツ語など5カ国語が話せた。共通言語はフランス語。クラブが先生をつけてくれました。僕はスペイン語ができたので、意味をある程度類推することはできたのですが、かなり苦戦しました」
 
ピッチの中は様々な言葉が飛び交って、何語で指示を出せばいいのかと混乱することもあったという。
 
ドレモンでの出だしは悪くなかった。最初の試合でアシストを決めたのだ。
 
しかし――。
 
翌日、新聞を開くと、自分の評価が低いことを知った。
「ドレモンが欲しかったフォワードじゃなかったと書かれていたんです。得点力不足だということでぼくを獲った。フォワードはアシストじゃ駄目、点を決めないと認めてもらえないんだとつくづく思いました」
 
冬のスイスは冷え込む。雪にも悩まされた。
「あんなに大雪の中でサッカーをしたことはなかったですよね。ソックスも2枚重ねて、その上にビニール袋を履いてからスパイクを履くんです。動けないですよ、全然」
 
ドレモンで松原は2カ月の間で7試合に出場。ほぼ全試合である。 
あくまでもドレモンは腰掛けのつもりだった。契約期間は年末までの2カ月、住居と食事は提供されたが、無給という内容だったのだ。