週刊現代
「起承転結」が通用するのは日本人だけ!算数のできない人に仕事を任せてはいけない
社会人のための教養講座
マークシート式テストの弊害は大きい〔PHOTO〕gettyimages

「ゆとり教師」の実態

前回(佐藤優と学ぶ、目からウロコの「論理学入門」)に引き続いて、もう少し「論理」、理屈のお話にお付き合いください。

英語力強化ばかりが叫ばれる昨今ですが、グローバル化が進むと、実は英語力よりも論理力が重要になります。国や文化が違う人にも、自分の考えを筋道立てて説明する力が問われるからです。

しかし近年、日本人の論理力、中でも数学力はこれまでになく低迷しているのが現実です。

例えば、分数の足し算ができない大学生は今や珍しくなくなりました。数学教育の重要性を説いている、数学者の芳沢光雄さんによれば、20年ほど前から「2分の1たす3分の1」の答えを「5分の2(正解は6分の5)」と答える大学生の割合が、全体の約17パーセントに達しているそうです。

問題は、なぜこんなことになったのかです。まず原因のひとつとして、大学の偏差値競争の激化が挙げられます。

実は、入試科目から数学をなくすと、受験者が増えて偏差値が5ポイントも上がる。それで、私立大学の文系学部の多くは、数学の入試をやめました。その結果、数学がまったくできない学生が経済学部に入り、そのまま大学院にも進学するという「異常事態」が普通になってしまった。こうして、分数の足し算さえできない若者が、毎年大量に生み出されるようになったわけです。

もうひとつの大きな原因が、センター試験のようなマークシート式のテストが増えたこと。マークシートには様々な欠点があります。

例えば、5つの選択肢がある問題の場合、出題者はなんとなく「端っこの1番と5番には正解をおきたくない」と思ってしまうので、結果として3番に正解が偏ってしまう。これは統計的にも有意な差が出るそうです。