前田健太がメジャーで成功できる理由〜これまでの日本人エースとはここが違う!
〔photo〕gettyimages

さて、この1球をどこへどう投げるのか。立ちはだかるのは昨年二冠王に輝いた強打の右打者。内角か外角か? 投球の行くえを、文字通り固唾を飲んで見守った――。

4-0とリードして迎えた6回裏。ここまでノーヒットの好投を見せたが、この回、1死から3連打を浴びて、あっという間に満塁の大ピンチ。ここで打席に迎えたのが昨年42本塁打、130打点の3番ノーラン・アレナドである。

そう、マウンドにいるのはロサンゼルス・ドジャースの前田健太。4月23日(現地時間)、場所は相手コロラド・ロッキーズの本拠地クアーズ・フィールドだ。この球場は標高1600メートルの高地にあり、打球がよく飛ぶ打者有利のスタジアムとして名高い。

しかも、ロッキーズはリーグでも1、2を争う強打線である。正直に言って、試合前は、6回3失点くらいのいわゆるクオリティ・スタートができれば御の字だろうと思っていた。

ところがどっこい。前田は、いきなり2連続三振と絶好の立ち上がりを見せ、なんと6回1死までノーヒットの快投を続けた。そして冒頭のシーンを迎えたのである。

カウント1-2と追い込んでからの4球目、投じられたボールは真ん中あたりへ進んでいく。うわっ、高目に浮いたあ!? 次の瞬間、強振したアレナドの当たりはセカンドフライ。助かった――。

続く4番ジェラルド・パーラもピッチャーゴロに打ちとって、1死満塁で3、4番というピンチを無失点できりぬけたのである。

ところで、アレナドを打ちとったボールは何だったのだろうか。ツーシームが高目に行ったのか? 広島時代だと対右打者のこういうケースでは、ほぼ外角のスライダーだったはずだが……。と思っていたら、なんと、内角へのチェンジアップだそうだ。

「正直、自分の頭にはなかった(球種)。信じて投げた」(「スポーツニッポン」4月25日付)

と、本人が証言している。こうも言っている。

「マウンドで(捕手の)AJが満塁だけど内にどんどん行くよと言ってくれた」(「日刊スポーツ」4月25日付)

ちなみにA.J.エリスは打力よりもリードを評価される捕手である。この日の前田は、「速球、チェンジアップが素晴らしかった」(同)とコメントしている。