国際・外交 中国
「皇帝」習近平の眼中にない安倍政権〜4年ぶりの日中外相会談も取りつく島なし
いまの中国はキケンだ
〔PHOTO〕gettyimages

終始しかめっ面の王毅外相

「対面する際、自分は微動だにせず、岸田外相に来させる。岸田外相が来たら、しかめっ面をしながら、右手をぞんざいに差し出すだけ。そして岸田外相が『ニーハオ!』と挨拶しても完全無視。

王毅外相はまるで、ミニ習近平だ。どこまでも習近平気取りで、本当にいけ好かない外務大臣だ。いまの危険な中国を象徴するような、後味の悪い日中外相会談に見えた」

こう吐き捨てたのは、安倍晋三首相に近い、ある自民党代議士だ。

2011年11月以来、4年5ヵ月ぶりとなる公式の日中外相会談が4月30日、北京の釣魚台迎賓館で開かれた。岸田文雄外相と王毅外相の対面の様子は、冒頭の通りである。2014年11月の北京APECで行われた安倍首相と習近平主席の初対面の日中首脳会談を思わせる重たるいムードが漂った。

日中のテレビ映像で確認すると、双方が着席するや、王毅外相はしかめっ面のまま、ぞんざいに言い放った。

「この間、中日関係は、困難な状況が続いたが、その原因は日本側にあることをよく分かっているだろう」

ムードは、一段と気まずくなった。王毅外相のいつもの癖で、「中南海」の習近平主席に向けた自己アピールも計算しているに違いない。

その後、岸田外相も挨拶をして、「日中両国は大切な隣国であり、外相同士の往来が長く途絶えていることは望ましいことではない」と述べた。

以降はカメラを締め出しての会談となったが、新華社通信によれば、王毅外相は次のように述べた。

〔PHOTO〕gettyimages

「中日関係が困難に陥っているのは、日本側が歴史と中国に対する認識上、問題があるからだ。最近は中日関係も改善が見られるが、双方の信頼は欠乏したままだ。あなたが今回、積極的に北京へ来たことは、意義のあることだ。

来年は中日国交正常化45周年で、再来年は中日平和友好条約締結40周年だ。これらは、中日関係を改善するのに重要な機会となる。日本側が誠意をもって、言行を一致させて、実際の行動によって両国関係が正常な軌道に乗るよう推進すべきだ。

私は、以下の4点の希望と要求を提示したい。

第一に政治上では、日本側が『中日共同声明』など、中日間の4つの重要文書を遵守し、誠心誠意歴史を正視、反省し、『一つの中国』の政策を、欠けることなく遵守することだ。これは両国関係の重要な政治的礎であり、いささかも曖昧にせず、かついささかも揺らがぬようせねばならない。

第二に中国に対する認識の問題だ。日本側は、相互パートナーシップと、双方が相手の脅威にならないという共通認識のもとで、具体的な行動を取るべきだ。積極的かつ健全な状態で中国の発展を捉え、いわゆる『中国脅威論』や『中国経済崩壊論』などを二度と吹聴しないことだ。

第三に、経済的な問題だ。日本側は、ダブルウィンの理念をもって両国の経済提携関係を樹立するように努め、互いに離れないようにし、旧態依然とした考えに陥ることなく、真摯に中国を対等扱いし、互利互恵の基礎のもとで各方面の実務提携を推進していくべきだ。

第四に、アジア地域の国際問題だ。双方が相手側の正当な利益と関与について尊重し、必要な対話と協調を強めていくべきだ。日本は中国に対抗することをやめ、中国と共同で、地域の平和と安定、繁栄の維持に努力していかねばならない」

まさに言いたい放題、対日要求のオンパレードである。歴史の反省は、これまでも中国側が一貫して要求してきたことだった。ところがこれに、政治的要求が加わった。台湾で5月20日に、中国と距離を置く蔡英文民進党政権が誕生する前に、「一つの中国」を忘れるなよ、と釘を刺したのだ。

経済的にも、中国が困ったら助け、中国経済崩壊論を封印しろと要求する。さらに南シナ海の埋め立て問題に関しても、これは中国の正当な利益と関与なので、中国の立場を尊重するようにというのだ。

ちなみに新華社通信は、岸田外相の発言も紹介している。

「熊本地震の際、中国から見舞いの電報をいただいたことに、衷心から感謝したい。中国の平和的発展は、日本にとっても絶好の機会となるものだ。日本は、中国が多方面で国際的役割を発揮し、重要な貢献をすることに対して、賛意を賞したい。

日本と中国はそれぞれ、世界第三と第二の経済大国であり、アジア及び世界の発展と繁栄に、重要な責務を負っている。双方はパートナーであり互いの脅威とならないことを、日本は再確認する。

日本側は4つの政治文書と4点の原則認識を遵守し、歴史を反省して平和国家として発展していく。各方面の交流や提携を広げ、相互理解と信任の増進に、中国とともに努力していく。双方の齟齬はうまく処理し、両国関係の不断の拡大に積極的に努め、新時代の日中関係を築いていきたい」

李克強首相と会談する岸田外相〔PHOTO〕gettyimages
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら