経済・財政 学校・教育
財務省よ、今度は若者を「洗脳」するつもりか! 中高生向けに作られた教材がヒドすぎる
財務省ホームページより

相変わらずとんでもないことが書かれている

今年夏の参院選から選挙年齢が20歳から18歳に引き下げられる予定だ。このため、財務省は、若い人に日本の財政について関心を持ってもらおうと、中高生の授業で使える教材を初めて作った。

資料は、財務省のサイトからダウンロードできる(http://www.mof.go.jp/budget/fiscal_condition/related_data/zaisei201604.pdf)。その内容は、これまでのパンフレットと同じであるが、相変わらずとんでもないことが書かれている。

筆者が問題と思うのは、次の3枚に集約できる。

9.国の歳出と税収の推移
<平成以降、歳出と税収の差が特に拡大し、借金が増加してきています。>

財務省「問題の図」その①

→いわゆる「ワニの口」が開いているという、いつもの財務省の話である。しかし、それを言うなら安倍政権になってから税収が増加しているため、「ワニの口」は閉じていることも指摘するべきだ。

10.急速に積み上がる国の借金
<毎年借金を続けた結果、国の借金は急速に積み上がっています。平成28年度末の国債増額は838兆円に達する見込みです。>

財務省「問題の図」その②

→国の借金だけを取り上げるのはフェアでない。バランスシートで負債だけではなく資産も見なければいけない。特に、国の関連会社も含めた連結バランスシートをみなければいけない。それをみれば、実質の国の借金は200兆円もないのである。