オリンピック
舛添都知事は無事にオリンピックを迎えられるのか? 「都議会のドン」に睨まれ、再選に黄信号
【PHOTO】gettyimages

都庁の甘い公用車使用基準

東京都知事・舛添要一は2020年の東京五輪・パラリンピックの前、18年2月に都知事選が行われることを忘れているのではないか。当然のことだが、舛添は再来年の都知事選で再選されなければ、知事として東京五輪を迎えることはできない。

そのことを軽視しているのであろう、舛添は海外出張時に高額宿泊費を使用したのに加え、公用車でほぼ毎週末に神奈川県湯河原町にある別荘に通っていたことが発覚しても、強気の反論を続けている。

それが不評を買う一方、東京都議会のドンである自民党都連幹事長・内田茂との関係が悪化。都知事選で舛添を全面支援した自民党内で批判が高まり、舛添の再選に暗雲が垂れ込めている。

公用車で別荘に通っていた問題は4月27日発売の「週刊文春」で明るみに出た。舛添は同日午前、記者団に「ルール通り、やっています。まったく問題ありません」、「(危機管理は)態勢がしっかりしていれば大丈夫だ」と強調した。

翌28日の記者会見では、舛添は「公用車は動く知事室」と説明し、別荘近くにヘリポートもあるので危機にも対応できると力説し、体調のことまで持ち出した。

「人工関節を入れてる方はわかりますけど、わたしたちの東京の湯船はだいたいはユニットバスなんですよ。そうすると入れないんです。つまりおへそから下しか。たまたま湯河原のお風呂は足伸ばせるんです」

自宅のお風呂を改修すれば済む話だと思うが、食い下がる記者に、舛添はこう言って自分の行動を正当化した。

「あのね、政治家っていうのはトップリーダーなんです。先々のこと、大きなグラウンドデザインをかく作業があるんです」

エラいんですね、と皮肉の一つも言いたくなるが、舛添によると、都庁の公用車使用ルールでは都庁など公務先と自宅などの間は公用車を使って良いことになっている。だから問題ないという結論を導き出している。

だが、そもそもこのルールは自宅が都外にあることを想定しているのだろうか?

閣僚の場合の公用車使用基準は非常に厳しい。公用車を使える地域は原則として「東京23区内」(有力閣僚)。23区外に出る時は会計課に公務であることを説明し、許可を得ている。

夜の会合のために使用しても、公務でなければ、3、4時間以上に及ぶなら自分の車に切り替える。舛添は厚生労働相時代に、どんな公用車の使い方をしていたのだろう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら