サッカー日本代表、抽選結果は“茨の道”
〔photo〕gettyimages

4月は日本代表関連で大きな出来事がありました。W杯アジア最終予選と、リオデジャネイロ五輪グループステージの組み合わせ抽選が行なわれました。ここまでくるともう、待ったなし。あとは死にもの狂いでやるしかありません。A代表、U-23代表ともに気迫溢れる戦いを期待したいですね。

死にもの狂いで挑むアジア最終予選

日本はオーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイと同じB組に入りました。対戦相手として“厳しいな”という印象はありますが、決まった以上やるしかないでしょう。UAEには去年のアジアカップ準々決勝でPK戦の末に、敗れたこともあり、不安視する声がありますが、僕はさほど気になりません。負けはしましたが勝機は十分あった。引きずる必要はないと思います。

それよりも僕は、オーストラリア、サウジアラビア、イラクを警戒しています。このあたりはかなり日本を研究していると思うので厳しい戦いになるでしょう。

中でもやりにくい筆頭候補を挙げるならば、やはりオーストラリアです。日本がワンタッチ、ツータッチを駆使してせっかくいい流れを呼び込んだとしても、オーストラリアはセットプレーや、ロングボール一本から高さを活かしてゴールを狙ってきます。高さは日本のウィークポイントでもあるので恐い相手ですね。

オーストラリア対策としては、高い位置からの速いアプローチが鍵を握ります。狙いは2つ。高さでは分が悪すぎるので、まずはロングボールを蹴らせないこと。高い位置で奪えれば、日本がショートカウンターを仕掛けるチャンスがあるからです。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「デュエル」という言葉を用いて選手に球際での強さを求めています。オーストラリア戦はまさに球際の強さが勝敗を分けます。相手とのフィジカルコンタクトに屈せずに闘志を見せて「デュエル」してほしいですね。