雑誌
光岡自動車の「ヒミコ」が英国で受注好調って本当?
2001年の東京モーターショーで発表された「オロチ」。強烈なインパクトがあったクルマだった

創業以来、独創的なクルマを作り続けている光岡自動車。ショーで飾られているところしか見たことがなかったスーパーカー「オロチ(大蛇)」が、街中を走っているのを見かけた時には興奮したものだ。

そんな光岡自動車から発売されているオープンカー「ヒミコ」が、昨年6月にイギリスに導入され好評を博しているという情報を聞いたものだから、気になってしょうがなくなってしまった。

しかも、今年5月に行われるロンドンモーターショーにも「ミツオカロードスター(日本名:ヒミコ)」として出展が決まっているそうだ。ショーにはコンパクト4ドアセダン「ビュート」も参考出展するとの情報も入手した。なぜ今イギリスなのか? そんな光岡自動車の不思議に迫ってみたい。

さて、話を進める前に、まずはこの2台について簡単に説明をしておこう。今回情報がもたらされた「ヒミコ」は、3代目マツダ・ロードスターをベースに前後を同社の特徴である1930年代のクラシックカー風のデザインへと変更した2シーターオープンカーとなっている。

もう1台の「ビュート」は、ベースに日産・マーチを使用し、1960年代に一世を風靡した英国車のジャガー・Mk2をデザインモチーフに、ノーズ部分とテール部分をオリジナルで作っているクルマだ。どちらもハンドメイドで、丁寧に製造されている。

さて実際のところ、イギリスで好評だという話は本当なのだろうか? 光岡自動車の広報部に聞いてみた。