雑誌
突然の撤退表明にア然…なぜフォードは日本市場を見限ったのか?

クルマファンを震撼させたフォード日本市場からの撤退。この波紋はどこまで広がるのか。識者3名に聞いた。

フォード撤退がもたらす激震の波紋/佃義夫 佃モビリティ総研代表(元日刊自動車新聞社長)

米フォード・モーターが1月26日に突然、「日本事業から撤退する」というステートメントを発表した。フォードは、本年末までに日本におけるすべての事業から撤退し、経営資源を他の地域の市場へ集中させていくとするものだ。

なぜ、フォードが日本市場から撤退する決断をしたのか。フォード本体から「日本自動車市場の閉鎖性」もひとつの理由とする声も出たようだが、これは言い訳である。かつての日米自動車貿易問題やTPPでもいつも米国サイドが日本市場で売れない、売るために日本に合わせて努力しないことを政治発言でごまかす例である。

本音は、日本における事業には今後収益性確保に向けた合理的な道筋が立たず、また充分なリターンを見込めないと判断したことによる。つまり、日本の自動車市場における近年のフォード車の販売不振により、その販売シェア低迷で今後とも採算が見込めないとのドライな決断である。

近年の日本の輸入車市場における「アメ車」の低迷は、東京モーターショーへの米国車不参加などのトレンドに顕著に表われており、米フォードはグローバル市場戦略で日本市場から撤退するという、選択と集中を明確に打ち出したことになる。

しかし、米国フォード本体の「日本事業からの撤退」という経営判断は、日本法人であるフォード・ジャパンやフォード販売店サイドにとって全く「寝耳に水」だった。フォード・ジャパンは、2月初旬に大磯プリンスホテルでの日本自動車輸入組合(JAIA)の会員輸入各社試乗会を急遽キャンセルするなど全く予期しない「本国の決断」に戸惑いを示していた。

また、全国に52店舗のネットワークがある販売店も「本当に唐突で日本のフォード顧客に不信感を抱かせることに困惑している」と苦悩している。