雑誌
あなたのクルマも狙われている! ますます高度になる盗みの手口と、知っておきたい防御策
純正イモビだけでは守れない
2年連続自動車盗難ワースト1の愛知県だけじゃない

最も自動車泥棒に狙われている愛知県。その愛知県の盗難手口から見える新たな問題点を『ベストカー』(BC)が徹底追求! 人ごとではすまされない危険があなたにも迫っている……。

なぜ愛知県が狙われやすいのか?

愛知県は、'16年1月に発表された'15年1~12月までの自動車盗難の認知件数で、'14年の2724件よりも減少したものの、2205件と2年連続全国ワーストと不名誉な結果になってしまった。

出典:警視庁 犯罪統計資料

愛知県警が発表した'15年11月末での認知件数は2039件だったが、この時点で愛知県内の自動車盗難の被害総額は約40億6400万円にも上っていた。

全国の合計被害額が約164億2500円だったことから、その1/4という割合を占めるこの数字が、いかに高い数値であるのか、おわかりいただけるだろう。年末までにさらに166件が増加しているので、さらに被害額は増加している。

BCでは愛知県警発表の資料を元に、さらにこの被害状況を細かく分析してみた。すると、愛知県内でもトヨタのお膝元で面積的にも勝る豊田市よりも、名古屋市周辺の区のほうが自動車盗難の認知件数が多いという、地域による差があることがわかった。

なぜこれほどまでに愛知県が狙われやすいのか? なぜ名古屋市周辺がこれほどまでに狙われやすいのか? 

愛知県特有の事情を交えた自動車盗難の実態を、裏社会をよく知るライターの夏原武氏に語ってもらった。

また愛知県のみならず、全国的に増加してきているスマートキーの車両をターゲットとした、イモビカッターとは異なるキープログラマーという装置の出現により、昨年BCが取材したときよりも、さらに自動車盗難の手口が巧妙化していることが判明。その実態も追求した!