雑誌

『8時だョ! 全員集合』は日本のお笑いをどう変えたか?

伝説の幕開けといかりや長介の苦悩
週刊現代 プロフィール

松田 志村さんはコメディアンになりたくてドリフに入った人だから、ミュージシャンが自然体でお笑いをやっていった感じの他の4人よりも、より笑いにストイック。努力家だった。'76年に「東村山音頭」で人気になるまで、相当苦しんだと思います。

いかりや長介の失意

田村 志村さんの起用法も含めて、いかりやさんはとにかくディレクター任せにできない、自分で考えまくる人だった。

西条 企画会議でもすごかったらしいですね。

松田 いかりやさんはいつも、ブラインドの隙間に頭を突っ込んでじっとしていた。寝ているように見えるんだけれど、実はじっと考えている。そのまま3~4時間経つこともありました。

田村 その間、メンバーも黙りこくってね。僕はクレイジーキャッツの台本も書いていたけど、書くほうとしては、クレイジーのほうが遥かに楽なんです。ハナ肇さんや谷啓さん、それぞれの個性が際立ってるから、当て込んで書けば、あとは各自でやってくれた。

でも、ドリフで最初からキャラが立っていたのは加藤さんくらい。だから、台本の段階で綿密に作りこまなくちゃいけない。

新メディア「現代新書」OPEN!