雑誌
佐藤優と学ぶ、目からウロコの「論理学入門」
社会人のための教養講座
小泉総理(右)は屁理屈の達人だった〔PHOTO〕gettyimages

この文章、どこがヘン?

社会人には「論理力」が不可欠です。文章の正しい読解や、部下の作った書類のミスのチェック、大事なプレゼンなど、論理的思考がものを言う局面は山ほどあります。

今回は、東京大学大学院教授で哲学者の野矢茂樹氏による『論理トレーニング101題』から例題を引きつつ、論理力の鍛え方を解説しましょう。本書は東大の教養課程などでも教科書として使われていて、楽しみながら論理学を学べる名著です。

まず、心がけたいのは、文章を書くときにはなるべく「なぜなら」「しかし」「また」といった接続詞を使うことです。

プロが書いた文章にも、接続詞の使い方が誤っているものは少なくありません。例えば、言語学の大家・大野晋氏が書いたこの一文です。

「近畿地方を中心に西日本では、女性や子供が一人称としてウチを使う。ウチは内であり、家であり、自分である(中略)相手をウチの人だと思うと急に親しくなり、特別の便宜をはかり、相手をソト者と思うとはっきり別扱いします。

それは古い体制の名残なのです。つまり、日本語社会では、人々は相手が自分に近いか遠いかについて鋭い感覚、区別をいつも内心で保っています(これが敬語の基礎の一つです)。だから、近しい扱いでは、しばしば親密さから、時によると相手を粗略に扱うことになります」

この文章の結論は、接続詞「だから」の後の「日本語社会では時に、親密な相手を粗略に扱う」ですね。確かに、現実にはそうかもしれません。しかし、論理学で扱うのはそういう常識論ではなくて、「この文章の中に矛盾があるかないか」です。

全体を要約すると、こうなります。「日本人は、相手が自分に近いかどうか常に鋭い感覚で区別している。だから、親しい人を粗略に扱う」。少し不自然ですよね。無関係な2つの命題が「だから」で結ばれているので、あたかも論理的な文章のように見えているわけです。