中国
年間10億人動員!中国「レッドツーリズム」に参加してみた
反日プロパガンダか、単なる町おこしか…
日本軍の戦車を攻撃する八路軍兵士の像。抗日テーマパーク「八路軍文化園」にて


文・写真/辻田真佐憲(近現代史研究者)

年間のべ10億人を動員する「レッドツーリズム」

中国で流行りの「レッドツーリズム」(紅色旅游)をご存知だろうか。

「レッドツーリズム」とは、中国共産党の歴史に関する場所をめぐり、革命史や革命精神を学習・追慕する旅行のことである。2004年12月に中国政府によって打ち出され、現在では年間のべ10億人以上を動員する一大イベントに成長している。

その最大の目的はもちろん、プロパガンダ(政治宣伝)だ。いまや、古臭いポスターや国策映画などでは、ひとびとの関心を十分に引くことはできない。そこで、現在にふさわしいプロパガンダのひとつとして、「観光」が注目されているのである。

観光は、視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚すべてを刺激できる。うまく使えば、これほど効果的なプロパガンダ手段はない。日中戦争の遺構をめぐり、ひとびとが「中国共産党は、こんな僻地で、こんな貧相な環境で、日本軍と頑強に戦ったのか。なんとすばらしい!」となれば上出来というわけだ。

今回、私はこのレッドツーリズムに参加し、全国12箇所の重点観光エリアのうち3箇所を訪問した。外国人の目に、中国のプロパガンダ観光はどのように映るのだろうか。

以下では、レッドツーリズムの中核であり、中国政府の意向がもっとよく現れている、国営の革命記念館や戦争記念館の様子を主に紹介したい。