【ルポ】中国に喰われた日本人~大陸へ渡ると、そこは日本以上の格差社会でした
【PHOTO】gettyimages

上海を夢見た日本人

2012年の反日デモとその後の円安傾向、中国経済の失速などの要因が重なり、近年は中国に長期滞在する日本人が減少傾向にある。だが、上海は従来、10万人近くもの日本人が暮らす、アジア最大の“日本人都市”であり続けてきた。

市内には日本語の看板が溢れ「中国語がまったく話せなくても、東京と同じ暮らしができる」(現地日系企業駐在員)と言われたほどだ。中国の都市とはいえ、反日感情も比較的薄く、日本人が最も暮らしやすい海外の街のひとつだった。

そんな上海に、一発逆転のサクセスストーリーを夢見て海を渡る若者も少なくかった。もっとも、「日本以上の格差社会」と言われる上海の日本人社会。現地に流れてきた人のなかには、日本社会ではなかなか見られないようなとんでもない人間も数多く混じっていた。

2012年12月、私は『和僑~農民、やくざ、風俗嬢。中国の夕闇に住む日本』という中国で暮らす日本人のルポルタージュを書いた。幸いにもこの4月23日に文庫版が発売されることになった。本稿では、同書の取材前後に私の耳に入ってきた、上海在住日本人たちの知られざる仰天エピソードをお蔵出ししていこう。 

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら