[アイランドリーグ]
高知・駒田徳広監督「勝つためには“ズルく”なりなさい」

 開幕してからこれまで4試合戦い、結果は1勝2敗1分け(4月19日現在)。まぁまぁな結果と言っていいでしょう。愛媛マンダリンパイレーツに3-7で惨敗した第2戦以外は、勝ちに持っていける試合展開でした。紙一重のところで負けてしまいましたが、4試合を終えてチームの課題が分かっただけでも十分な収穫です。
 
まず1つ目の課題は、相手のスキをつけるようになることです。プレーを見ていると、 敵のことよりも“打ちたい”“抑えたい”という気持ちが先走っていました。その結果、敵に裏をかかれてしまい、得点に繋がらないシーンがありました。
 
相手のスキをつくには、まず敵の裏をかくことです。例えば、打席で変化球を待っている時にわざとストレートを振りにいく。そうすれば、ピッチャーはストレートを投げにくくなるので、変化球を放る可能性が高くなります。つまり、ストレートを狙うふりして、変化球を投げさせるんです。野球は心理戦でもあるので、いい意味で“ズルく”ならなければいけません。
 
2つ目の課題はメンタル面の強化。ウチの選手はどちらかというと優しい選手が多いので、接戦にもつれた時に弱気になってしまいます。チームの性格が最もよく表れていたのが、ソフトバンク3軍との開幕戦です。
 
選手たちはNPBのユニホームを見ただけで気後れしているように感じました。彼らは体幹が強いとか、強肩や俊足だとか、何かひとつ特化した才能があったからプロの世界に入れたんです。一方、ウチには特化した才能を持つ選手なんて数少ない。だからこそ、我々は“クレバーな戦い方”をしなければいけません。結果を恐れずに、ガムシャラにやってくれればいいのに……。
 
ウチにはNPB入りを目指している選手が多いので、“3軍に勝てないようでは、プロの世界に行けない”という意識を持って戦って欲しいです。しかし、僕がそれを選手たちに言い過ぎてしまうとプレッシャーになりそうだし、逆に何も言わなければ相手を見ただけで弱気になってしまう……。選手たちがのびのびと戦うにはどうすればいいのか、監督として非常に難しいところです。