雑誌
さよならフォード!
〜日本の自動車文化を支え続けた111年を振り返る

フォードGT

戦前より日本のモータリゼーションを支えてきてくれたフォードが日本市場からの完全撤退を決めた。またいつか会える日を願いつつ、さよならを言おう

フォードが年内に日本から撤退することが決まった。昨年の日本での販売台数は4968台で、輸入外国車のうちフォードが占めるシェアはわずか1.7%。「今後も成長は見込めない」と判断した。

1925年に日本フォードを設立し、マツダを傘下に収めるなど日本の自動車業界に大きな影響を与えていた巨星が、日本での歴史に幕を下ろすこととなった。

日本人があまり知らないフォードの話
去りゆく青い楕円へ(文/山口京一)

世界最大企業の一社、フォードとしては、あまりにも唐突な非外交的、反ビジネス的な撤退の発表だった。先例は多々ある。特にデトロイトスリーは、本国内においても複数ブランドを消滅させてきた。

フォードの日本、インドネシア撤退ニュースの翌日、クライスラー(FCA)は、より高収益なトラック増産のためにセダン2種の"無期凍結"を発表した。FCA投資者向け資料の3ページ目を占めるのは、マーク・トウェインのユーモア名言『私の死の報道は、ひどく誇張されてきたようだ』。文豪のみでなく、クルマ、ブランド、企業、国・地域市場に一脈通じるだろう。

ヘンリー・フォードが自らの姓を冠した自動車メーカーを設立したのは1903年だ。彼の名声を確立したのは、世界最初の流れ作業組立方式大量生産と、モデルTであった。モデルTは、1908年から1927年まで、1500万台が世界中で売れた。

フォードは、横浜子安に工場を建設、モデルTのKD(クルマ全体部品輸入)組立を開始した。同様にGMは大阪工場を稼働させた。